普段見たり聞いたりすることにも経営的視点が入っていることが多いです。ときどき気づいたりしませんか? このブログでは、日常に潜む経営視点を考えてみます。ときには無理やりにでも……。

新年度なのに「やる気」が出ないあなたに(無理やりやる気を出す方法)

»

motivation.jpg
by Vanguard University blog


今日から4月!

桜ももう満開で、暖かくなってきました!

新卒の方なんかもいらっしゃってフレッシュな気持ちになります。

新卒の方から、
「どんな仕事をやられてるのか想像もつきませんがよろしくお願いします!」
と言われ、横をみると

「俺も!俺も!」と自分のことを指差す上司がいた......。


こんな場面に出くわすと、新年度かぁ〜、会社や学校に行きたくないなぁ〜、と思ってしまう人も少なくないはずです。


おそらく少なくないはずです。

たぶん少なくないんでしょう。

もしかしたら、あまりいないのかも・・・。


いや、中にはいらっしゃるはずです!

そんな私と同じように(!)やる気が出ないあなたにおくります!

自分で元気づけるために、無駄に「!」を多く使ってます!


1 新しい出会いを期待する

新年度!というと新しい出会いがあります。

どんな人かなぁ、と思いめぐらすだけでもウキウキします!

えっ!今日、もう会ってしまって、そんな気にならないよ、って。

では、2へ(^^;


2 周囲の人のことを好きになってみる

自分自身が周囲の人のことを好きになれば、自然と相手も好意を抱いてくれるものです。

時間はかかるかもしれませんが、徐々に頑張ってみましょう!

ただし、好意が先走って「行為」として出てしまうと、ストーカー呼ばわりされてしまうので、要注意です。


3 仕事を好きになってみる

あー、こんなにも仕事って楽しかったんだっけ!?(棒読み)

実は意外と楽しいんだなー(棒読み)

ご存知かと思いますが、私のように「棒読み」していては効果は出ません。


4 自分にご褒美を与える

この仕事が終われば!新しいiPad miniを買ってみよう!とか

新年度に周囲の人たちといい関係を作ってスタートダッシュできたらiPad miniを買おう!とか

何かご褒美を考えるといいです。

余談ですが、私は、iPad miniが欲しいです。。。


5 あきらめる

いつものふだんどおりに、たんたんとやるのが一番「やる気」が出てきたりする、というとんでもない結論だったりします。

無理やり「やる気」を出してなんとかしようと思うのが、そもそも無理・・・と、やる気をそいでみます。

やる気を無理やりだして頑張るよりも、たんたんとやっていく方が成果が高いという驚きの研究結果を書いて終わります。


出典:TED Talks
やる気に関する驚きの科学


ご精読賜り誠にありがとうございました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する