普段見たり聞いたりすることにも経営的視点が入っていることが多いです。ときどき気づいたりしませんか? このブログでは、日常に潜む経営視点を考えてみます。ときには無理やりにでも……。

SNSに疲れたときは・・・

»
SNS(ソーシャルネットワーク)は、最近流行(はや)ってますよね。

皆さんも何かに入っていませんか?
mixi、Gree、mobage、Facebook、Google+のような大規模なものか
ら、小規模なものまでまさに百花繚乱です。

最初は気軽に始めたものの、だんだんと何を書けばいいのか分
からなくなり、投稿することが億劫になっていませんか?

また、個人情報が漏れたりと、プライバシーが気になってログイン
すること自体が面倒になったりしていませんか?

もしくは最初から、いろんな人が投稿することを見ることだけを楽
しみに参加していませんか?


どうせSNSをするなら、Deepに活用してみませんか?


活用方法として考えられるのは、3つです。

1 身近な人脈をさらに広げる
2 遠い存在の人とつながる
3 自分からドンドンと情報発信をしていく


どういうことでしょうか?
以下、みていきましょう!


1 身近な人脈をさらに広げる

  キーワードは「同じ」です。

  つまり、同じ職場の同僚、同じ学校の卒業生、同じ趣味のつな
  がり等、これまでもつながりはあったけど、「もっと親交を深め
  てみたい」とか、「懐かしの人は今何をしているのか知りたい」と
  か、はたまた「同じ趣味の人たちと情報交換の密度を高めたい」
  ということです。

  これらに活用できるのが、SNSです。
  十分に活用されているかと思いますが、SNSは日進月歩の速い
  スピードで進んでいます。

  今まで「友人検索」をしても検索できなかった人が、新たに登録
  して検索できるようになっているかもしれません。

  週に一度ぐらい、定期的に友人検索をしてみると新たな友人と
  出会える可能性があります。

  もう一度検索してみましょう。



2 遠い存在の人とつながる

  普段生活している中で出会えない人と出会えるのがSNSです。

  TVに出ている人、今読んでいる本の著者、今朝新聞で読んだ
  経営者等、検索してみましょう。

  そして、メッセージを送ってみませんか?

  有名な方というのは忙しいものですので、返事がないのがあた
  り前です。むしろ返事が来たら、やったー!と思うぐらいの気持
  ちでメッセージしてみませんか?

  いろいろと面白いことが起きるかもしれません。
  やってみてはいかがでしょうか?



3 自分からドンドンと情報発信をしていく

  自分から情報発信をしていくことで、他の人にとって有益な情報
  となる可能性もあります。

  それで感謝されたり、「いいね」って思われるかもしれません。

  他人に認められると、いつもより楽しい日々になることは間違い
  ありません。

  積極的にどんどんと情報発信をしてみませんか?


これら1~3の根底に流れる考えは、いずれも「行動」というキーワ
ードです。

受け身でSNSをやるなんて、そもそも楽しくないと思いますし、それ
では続いていかないと思います。

どうせやるなら、楽しく続けてみませんか?(^^


facebook(フェイスブック)が2時間でマスターできる本 (PHP文庫)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する