オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

IT教育先進国アルメニア、プログラマーなら平均所得の10倍稼げるんですって。

»

実は私は海外で活躍する日本人を取材しています。今回は、アルメニアで活躍されている建入弘樹さんです。

今回の取材はヒューマンリソシア協力のもと作成しております。

「IT教育先進国アルメニア、プログラマーなら平均所得の10倍稼げる」

というタイトルです。興味がある方は、ご覧ください。

--
アルメニア共和国(以下、アルメニア)という国をご存じでしょうか? 多くの方は名前を聞いたことがあっても、「どこにあるのか」「どんな特徴があるのか」など、アルメニアについて詳しくは知らないかもしれません。

Wikipediaでは、「アルメニアはアジアとヨーロッパの間にあるコーカサス山岳地帯にある国で、旧ソ連の構成国でした。キリスト教を国教とした最初の国でギリシャ・ローマ時代のガルニ神殿、4 世紀に建立されたアルメニア教の総本山エチミアジン大聖堂をはじめとした、宗教建造物で知られています。ホルヴィラップ修道院はトルコとの国境沿いにある休火山とアララト山の近くにある巡礼地です」と説明されています。

この文章を見て、アルメニアはIT先進国という印象を受けないかもしれませんが、実は、国家としてIT教育に力を入れており、プログラマーが職業としての高い地位を持っている国でもあります。この点においては、日本よりはるかに進んでいる国かもしれません。

今回、日本で外国人エンジニア派遣に力を入れているヒューマンリソシアの協力を得て、 アルメニアで活躍されている建入弘樹さんに話をうかがいました。

(この続きは以下をご覧ください)
https://news.mynavi.jp/article/globalit-6/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する