オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

収益認識基準の対応に大きく時間とコストがかかってないだろうか? ~ERPの選定を再度考える~

»

私のコラムが日商エレクトロニクスで公開されました。

「収益認識基準の対応に大きく時間とコストがかかってないだろうか? ~ERPの選定を再度考える~」

興味がある方はご覧ください。

--
ご存じの通り、企業会計基準委員会から「収益認識に関する会計基準」が公表され、2021年4月1日以降開始事業年度から適用となる。ここでは、あえて「収益認識基準」について詳細に解説はしないが、収益を認識するタイミングが変わることで、例えば商社などでは、大きく売上高が下がってしまうとも言われている。新基準はご契約から売り上げを計上するまでの全プロセスにおいて、売り上げをどのように計上すべきかを具体的に明示した会計基準である。多くの企業ではこの収益認識基準に対応するためには会計処理計算方法の変更にとどまらず、業務のやり方や業務システムの変更も必要になるはずだ。

(この続きは以下をご覧ください)
https://erp-jirei.jp/archives/2773

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する