オルタナティブ・ブログ > グローバルインサイト >

事業グローバル化における戦略と人はどうあるべきか? そのヒントとなるべき考察と事例集

日本人が目指すべきグローバルリーダー像

»

事業がグローバル化するに伴い、グローバルリーダーの育成が課題となります。グローバルマネジメントにおけるリーダーの役割とは、自社の価値観を伝え、メンバーの行動規範をしめし、信頼感をベースとしたリーダーシップを構築することです。異文化環境において、メンバーを共通の組織目標に向けてリードするためには、自社の意思決定やコミュニケーションのあり方を定義し共有し実践していくことです。それは自社の価値観を基盤にチーム主体の意思決定を訴え、双方向の対話を促すコミュニケーション行い、メンバーの行動に規範を与えなければなりません。

日本人の視点から見たグローバルリーダー像とは、チーム型を主体としたマネジメントを構築し実践することにつきます。ではこの実践のためにどのような要件が日本人のグローバルリーダーに求められるのでしょうか。これは1)チーム型マネジメントの確立、2)論理的コミュニケーション力、3)ビジネス英語、さらには4)日本人特有のアプローチの活用です。

最初に1)チーム型マネジメントの構築があげられます。チーム型マネジメントとは、続きはこちら

<p><p><p>HTML clipboard</p></p></p>
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する