オルタナティブ・ブログ > ソーシャルおじさん徳本昌大のソーシャルコミュニケーション最前線 >

USTREAMを中心にした企業のソーシャルメディアの最新事例をご紹介

第4回ソーシャルおじさんと朝活 今日出会った書籍のご紹介

»

今日は「ソーシャルおじさんと朝活」の第4回目を行いました。
「ソーシャルおじさんと朝活」というのは、
お気に入りの書籍を持ち寄って発表する形式の読書会ですが
ソーシャルメディアで参加者を募集して、スタートした朝活で、月に一回開催しています。

本日は私も含め、4名のメンバーの参加いただきました。
連休明けの早朝からの実施ですが、新しい参加者や書籍との出会いでとても刺激を受けました。

今朝も、この朝活参加メンバーの方々から、大きな気付きを頂きました。
参加の皆さん、ありがとうございました。
以下、ご紹介いただいた書籍を簡単に紹介させていただきます。
プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策です。
特に共感したポイントは
部下を叱るときの叱り方です。
ビジネスでのミスが起きたときに
ミスを起こした部下に「あなたらしくない」と伝えると
相手のやる気を奮起させ、空気を損なわせないということを教えていただきました。

また、参加者のベンチャー起業家Tさんが、紹介してくれたのが
スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則です。
スティーブ・ジョブズの「自分が最大の顧客」という発言を
自分のサービス開発に取り入れているという、若手経営者の言葉にインスパイアされました。
自分が欲しいサービスや製品を開発する、それをいつも振り返り自問するということが大事だと
今日の読書会で再認識しました。

営業マンの考え、アクションを変える一冊
営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する
まだ、読んだ事がない一冊でしたが、面白そうな書籍です。
「どんな時でも笑っていれば、心が明るくなりポジティブになれる。」
「ポジティブシンキングとは、
明確なビジョンに向かって確固たる勇気を持って行動(営業)する事」など
元気な言葉をご紹介頂きました。
ビジョンを持って、人に役立つ営業というのがソーシャルメディア時代にフィットする考え方ですね。

最後に、私が紹介した書籍は前回ブログでご紹介した
サボる時間術 です。
自分のやりたい時間をあらかじめ確保するという著者の理央 周氏の考え方を説明すると
参加の皆様にも共感いただきました。
時間がないという、言い訳をできるため言わないために
この「サボる」=自分の時間を作り出すを、今後も徹底していきたいと思います。
この読書会に関しては、私のFacebookでお問い合わせください。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから

ソーシャルおじさんの個人ブログも毎日更新しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する