オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

東洋経済オンライン連載 最終回『セブンカフェ成功の裏にあった「30年戦争」』

»

東洋経済オンライン連載、第8回目が公開されました。

セブンカフェ成功の裏にあった「30年戦争」
ただひたすらに、市場の声を聞け!

8

今では、皆さんが普通に飲んでいるセブンカフェ。

昨年初めの登場時には、「本格的レギュラーコーヒーが24時間365日、100円で飲める!」ということが、大きな衝撃でした。

しかしセブンカフェは、セブンにとって30年越し、5回目の挑戦であることは、あまり知られていません。

そしてその取り組みからは、私たちが学ぶべきことがとても多いのです。

今回はそのことについて書きました。

 

過去の本連載記事も、あわせてご覧いただければと思います。

■連載第1回目『日本人の"コーヒー偏差値"を変えた、あの一杯』

■連載第2回目『「スタバの次」の時代到来は必然である?』

■連載第3回目『"ネスカフェ復権"の裏に「古典的戦略」?』

■連載第4回目『よみがえったスタバに学ぶ、「らしさ」の経営』

■連載第5回目『最も革新的なのは、45年前のコーヒー?

■連載第6回目『「俺のフレンチ」も取り入れた、常勝戦略 T型フォード、ドトールも同じ戦略だった!』

■連載第7回目『スタバが「ネガティブ広告」に反撃しない理由』 

 

本連載は、おかげさまで大きな反響をいただきました。

特に連載第7回目は、あの超人気サイトの東洋経済オンラインで、なんと週間アクセス一位でした。あまりに嬉しかったので、記念に画面をキャプチャーしました。(笑)

20141031  

本連載も、これで最終回です。

編集を担当いただいた吉川様、本連載のためにご尽力いただいた谷内様に深く感謝致します。

コーヒーにまつわるビジネス戦略について、もっと詳しい話を知りたい方は.....拙著『戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!』をご覧いただければと思います。

 

Comment(0)