オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

【お知らせ】朝日新聞に載りました

»

ITアナリストしてではなく、弁理士としてでもなく、初音ミク職人として(爆)。土曜日版の別刷りBe (Business)の3ページの初音ミク特集の欄外記事にちょこっと載ってます。朝日のオンラインの無料会員サービス(アスパラクラブ)にも載ってるみたいです。

今日載るのは知っていたので、朝一で上記のような記事を書こうと準備していたのですが、寝坊したせいで松尾さんに先を越されてしまいました(爆)。まあ、いいですけど。

取材自体は昨年やってたのですが、記事の流れ的にオリジナル作品のCGMの話が中心になってしまったので欄外の扱いになったものと思われます。本来であれば、ボツになってもよいのに、欄外に残してくれた記者さんの配慮に感謝します(ミクsingsのファンだそうです)。

話は変わりますが、最近、ディアゴスティーニのDTMソフト付きの「雑誌」のマイ・ミュージック・スタジオのTV-CMやってますね。初音ミクを契機にDTM人口がまた広がるだろうという読みでしょうか?DTMソフトはSinger Song Writerを使ってるようです。創刊号だけ買えば、490円でSSWが手に入ってしまうのではと思いましたが、特殊なパッケージングになっていて最初は最小限機能で、雑誌を買っていくにしたがって機能追加が行われていくようです。DTMってそれなりにラーニング・カーブが長いと思うので、こういう風にサブスクリプション・ベースで解説書と機能をちょっとずつ追加していくのもよいかもしれません。この考え方、ビジネス・ソフトでも応用できないでしょうかね(Software as a Diagostini)。

ところで、マイミュージックスタジオでDTMを勉強して、初音ミクと組み合わせて作品作ろうと考えてる人は多いと思うのですが、雑誌についてるSSWってRewireをサポートしているのでしょうか?Rewireとは複数のDTMソフトを同期するための仕組みです。これがないとミク作品の制作効率が著しく落ちますのでちょっと気になります。

追加: コメ欄によるとやはりRewireはサポートされないようです。

Comment(3)

コメント

koya

すみません、きょうはエントリーあがらないかもと思い、ネタにしちゃいました。マイミュージックスタジオ、CrossOver Macでの動作確認のために買いました(動きます)。いまはVSC以外の音源は使えないっぽいかんじです。メニューをみたところ、ReWireもたぶん切られています。あとで利用可能になるかもしれませんが。

peach

株式会社インターネットの公式回答を載せておきます。
----
ディアゴスティーニ発行の週間「マイミュージックスタジオ」に添付されている
Singer Song Writerは、「SingerSong Writer 8.0」相当の製品となりますが、
何号かに一度付属されるCDにより機能が追加されていく仕様となっております。
しかしながら、最終的に製品版と全く同じになるというわけではなく、
書籍内容に従い、必要な機能を追加するディアゴスティーニ版「 Singer Song Writer 」と
なります。
----
というわけで8.0相当なのでReWireはダメですね。
マイミュージックスタジオに10万近く出すなら
CubaseかProToolsを買えばいいと思うんですが、
本当の素人さんは何もわからないままに何号かまで
買ってしまうのかも知れないと思うとお気の毒です。
このようなコラムで教えてあげるといいと思います。

栗原潔

あー、そうなんですね。
だったらYAMAHAの何かのハード、および、それにバンドルされたCubase AIをゲットして、入門書に投資した方がよいかもですね。
だけど、マイミュージックスタジオの読者層だとWaveをインポートするレベルで充分なのかもしれません(別に馬鹿にして言っているのはなく、本当にそうかもしれないなという意味で言っております。Rewireはマシンリソースも結構喰いますし)。

コメントを投稿する