オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

消費者の集合知のIQについて

»

昨日のエントリーの続きです。コメントでも触れられているように、flog(ヤラセブログ)がばれて炎上して結局逆宣伝になってしまうケースが頻発していますね。何で、同じ過ちが繰り返されるのでしょうか?

おそらく広告代理店側に「広告とはうまく消費者をだませた者勝ち」という発想が残っているからだと思います。しかし、これから先はマスメディアや広告代理店の論理で消費者をコントロールしていくのはますます難しくなっていくでしょう。これは、消費者の一人一人が賢くなっているからという理由ではありません。多くの消費者がネット上で情報を交換し、集合知を確立していくための仕組みがますます強力になっているからです。過去と比べて消費者個人のIQは変わっていないとしても、集合知のIQは飛躍的に高くなっていると思います。つまり、個人はだませてもネット世論全体をだますのは難しくなっていくのではないかということです。

この点にについては、1年ほど前に「Web 2.0時代のCSRについて」というエントリーでも触れました。そこでは、ネット世論形成の手段として以下のものがあるのではと書きました。

匿名ネット掲示板: ノイズは多いがビジビリティ抜群。専門家が大っぴらにはとても言えないことを匿名で書いたり、インサイダーが内部情報を書くこともあり得る。
SNS: 匿名掲示板よりノイズははるかに少なく、責任ある意見交換が行われる。
匿名ブログ: ネット掲示板よりは信頼性がある。履歴がわかりやすい。トラックバックにより情報が連携していく。
Wiki: しっかり管理されていれば正しい情報の整理・集約に役立つ。掲示板よりも見やすく、情報を最新に管理しやすい。
検証サイト: 動かぬ証拠を突きつけることができる。
実名ブログ: 信頼性ある(少なくとも責任がある)意見が見られる。トラックバックによる情報連携。

さらに、今ではYouTubeという強力な「武器」もあります。さらに、この時は書き忘れましたがGoogleも当然重要な武器ですし、キャッシュやアーカイバーにより1度でもネットで書いたことはあわてて消しても証拠が残ってしまいます。

過去においては企業側のヤラセが発覚して、何とかしたいと思ってもも個人ベースでそれを世論として広げていくことは困難でした(個人がマスメディアに告発しても無視されるだけ)が、今や、ネット世論形成のパワーは飛躍的に大きくなってます(これは、まとめサイトを作るというカルチャーが確立した点が大きいと思います)し、ネット世論を検閲することは実質的に誰もできません。こういう潮の流れの大変化が理解できてないメディアや広告代理店は今後手痛い目に遭うことが多くなると思われます。

Comment(4)

コメント

「集合知のIQ」というのは面白いですね。私がネットにアクセスを始めた十数年前も、発言内容は慎重にせざるをえませんでした。どんな専門家や場合によっては当事者が出てくるか分からないからです。いい加減なことを言っていると信用をなくしましたからね。その状況はますます強まっていると感じます。

ネットにアクセスする人の絶対数が増えて雑音も多くなっていますが、逆に昔ならネットに参加しないような専門家の参加も増えているので全体としての知識量は間違いなく増しているはずです。前のコメントで紹介したソニーの例でも写真を見ただけで光源が素人が使わないタングステン電球をつかっているとか影のつき方からサブの照明を使っているなどプロの写真家の仕事と見破ってしまって嘘がバレています。
アメリカの例では、ブッシュ大統領のスキャンダルの証拠がワードを使った捏造だと専門家がネット上で指摘した事件があったと思います。
ネットではそれこそ広告の専門家もいるわけですから、その人たちをだますのは不可能だと思います。あえて言えば話題にならず無視されることはあると思いますが、それでは宣伝にならないですからね。

dfsaiorewy

iチャネルで、このブログを知りました。
とても、ためになります。頑張ってください。

researcher

タイミングは逃しましたがちょっとだけ。
確かに集合知は強力な嘘発見器だとは思います。しかし一方で現在ネット上で展開されている集合知は、未解決事象への断定の拡散や、思想的な暴走に対する原理的な脆弱性を抱えている気がします。検索にはデマ効果によって誤解を正解にしてしまう力がありますし、インターネットの情報サイトは、知識の偏向を加速させています。
その意味で、民主主義は衆愚政治に陥る可能性のごとく、集合知もひとつ間違えば無名の暴君に変貌する可能性をはらんでいるんじゃないでしょうか。(って話を昔どこかの懸賞論文に投稿したら見事蹴られてしまいました。)

栗原潔

ネット上の集合知は当然に万能ではないでしょう。この辺は、以前に永井さんのブログ(「『みんなの意見』は案外正しい」のであって、「絶対正しい」のではない)http://blogs.itmedia.co.jp/mm21/2006/09/post_482e.html でも触れられてました。
特に、掲示板が主なコミュニケーションの手段だった時は衆愚政治化のリスクは高かったと思います。しかし、今やブログやまとめサイト(wiki)などで知識がストック化されることで、集合知の精度は格段に上がっていると思います。

コメントを投稿する