オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

気をつけたいネガティブな物言い

»

ここで政治的議論をするつもりはないですが、TV出演した亀井先生、「小泉さんの支持率が上がっているのでは?」という質問に対して「だからこの国はダメなんだ」という趣旨の回答。

うーん。ちょっとこの言い方はまずいんじゃないですかね。要するに「小泉を支持する国民がバカだ」ということですよね。政治家にとってはカスタマーであるところの国民を批判していると言うことであって、仲間内の酒の席で言うのならともかく、TVで言ってしまうとは。「国民が私の主張を本当に理解していただければ、支持率はもっと下がるはずだ」くらいの言い方に留めるべきでしょう。

大昔、鳴り物入りで出した製品が全然売れなかった某メーカーの社長が記者会見で、「この製品は日本のユーザーには先進的すぎた」とか言い訳をしててオイオイとか思ってしまいました。なんで、「日本のユーザーのニーズを読み切れなかった」と自責に持っていかないのかと。

両者の場合とも、普段からカスタマーセントリックで考えてないから、大事な時についつい言ってはいけない本音が出てしまうのではと思いました。今回は、自戒もこめて。

Comment(1)

コメント

livinginabox

ありますねぇ、そういうこと。
自分の思う流れになると「世の中、そんなにバカじゃない」と言い、逆の場合は「大衆はだまされている」と言ったりするわけです。
とはいえ、マスメディアにいいように操られている面はあると思いますけどね>大衆
(オイコラ^_^;>自分)

コメントを投稿する