オルタナティブ・ブログ > 栗原潔のテクノロジー時評Ver2 >

知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

「日本企業」のブランドイメージ調査

»

ネットリサーチのマクロミル社による「海外8ヵ国消費者調査:「思い浮かぶ日本企業・日本製品のイメージ」という調査の結果のプレスリリース

結果は想像通りで、欧米だと上位はソニー、トヨタ、本田、三菱。アジアだとこれに松下電器が加わるという感じです。ソニーはほとんどの国でトップのポジションでやはりブランド力は非常に強いということがわかります。

まあ、特にびっくりするほどではない結果なんですが、個人的に非常に気になるのは無効票で挙げられた企業名(もちろん、調査結果には出てないですが)。さすがにアジアの消費者ではいないと思いますが、欧米の消費者だとSAMSUNGを挙げた人が結構いたのではないかと憶測します。実際、最近ではないですが、SAMSUNGを日本メーカーだと思ってたフランス人に会ったことありますし。

それを言いだすと、われわれも米国企業とカナダ企業の区別なんてあんまりついてないですよね。そういえばちょっと前にコグノス(本社トロントオタワ)の人と話した時に、つい「御社はカナダでは最大のIT企業ですかね?」と聞いてしまったら、「そんなことないよ、ノーテルだってRIM(Research In Motion)だってあるし。」とちょっと馬鹿にされてしまったのを思い出しました(恥)。

修正:コグノスの本社はトロントではなくオタワでした。「釣り」ではなく本気で間違えました。関係者の方、どうもすみませんでした。<m(__)m>

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する