IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

人気コンシェルジュ向坊敦氏が解説する「RPA導入の進め方のポイント」

»

私が編集支援しているディーアイエスソリューションの人気コンシェルジュ向坊敦氏が解説する「RPA導入の進め方のポイント」が公開されました。

「RPAと従来のシステム開発との進め方の違い」や「調査・試行段階のポイント」、「部分導入とルールの整備段階のポイント」が見所です。

興味がある方はご覧ください。

###

少し前まではRPAのツールにはどのようなものがあるのか、どのような活用方法が多いのか等、情報収集の段階の企業が多かったのですが、最近は具体的に導入に向けて検討を進めようとしている企業が増えているように感じます。そこで今回のコラムでは「RPAの進め方や検討事項」について取り上げることにします。

◆RPAと従来のシステム開発との進め方の違い

従来のシステム開発では、導入前にビジネスプロセス等を徹底的に分析し、効率化してからシステム導入を検討することが一般的でした。なぜ、このようなアプローチ方法と取っていたかというと、システム開発はアプリケーションが完成した後に業務プロセスが変更になると、それに合わせたシステムの修正に大幅なコストがかかってしまうためです。このアプローチは正攻法ではありますが、調査や業務改革に時間と費用がかかるといったデメリットがあります。

一方、RPAは開発期間が短く、修正も容易であるため、試行導入や部分導入を経て、徐々に固めていく事ができます。導入前に業務を徹底的に分析するのではなく、スモールスタートで試行導入や部分導入を経て、徐々に固めていくアプローチのほうが成功しやすいといわれています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2019/01/30/rpa%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0-4/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する