IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「OpenStackで注目すべきテクノロジーは? 〜OpenStack User Survey April 2017から〜」(林雅之氏コラムの紹介)

»

私がプライム・ストラテジーで編集支援しているNTTコミュニケーションズ エバンジェリスト 林雅之氏による人気の連載コラムが掲載されました!

「OpenStackで注目すべきテクノロジーは? 〜OpenStack User Survey April 2017から〜」

今回は注目のOpenStackのテクノロジーをデータをもとに解説いただきました。
興味がある方はご覧ください。

###
2017年5月8日から5月11日まで「OpenStack Summit 2017 in Boston」が開催されました。開催にあわせて、オープンソースのクラウド基盤のOpenStack利用ユーザ調査のレポート「OpenStack User Survey 2017.4 」を公開されたので、そのレポートの一部をご紹介しましょう。

本調査の回答者は、クラウドアーキテクトが40%、運用担当が45%、開発者の22%が主な構成となっています。

OpenStackの利用ユーザの2017年の地域別比較では、北米が43%(前年は46%)と最も多く、続いてヨーロッパが29%(前年24%)そして、アジアが21%(前年23% )となっています。特に、ヨーロッパの伸びが顕著となっています。ちなみに、日本は4%です。

OpenStackを採用する理由は、2016年と比較して増加傾向にあるのが、ベンダロックインの回避が3.5(前年2.5)と増えており、イノベーションを加速するも3.3(前年2.7)と増えています。その一方で、コスト削減が3.2から2.0に大きく減少しています。AWSやマイクロソフトのAzureなどがクラウドサービスの市場をリードしていますが、その一方で、ベンダロックインやクラウドロックインを避け、オープンなクラウド基盤を採用するユーザも多いといえるでしょう。

(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_1169

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する