IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

ワンマン・絶対エースは、切ってしまえ!!

»

 

過去、このようなテーマで相談を何度か受けました。

 

だいたいいつも言うことは決まっています。

 

  

 

その人自体はとても優秀なのだけれど、

 

周囲、配下をうまく育成できず、なんでも自分でやっつけて、

 

時にはスキルや経験の違いから、周囲、配下を傷つけてしまって、

 

嫌われたり、腫物扱いされる、でも、「絶対エース」。

 

組織運営上、このような人、そして組織をどうしていけばいいんでしょうか、と聞かれる。

 

  

 

返す答えは3つ。

 

    

 

 

 

 

敵対する第2勢力を作る。

 

同等のスキルや経験まで行かなくとも、周囲、配下をひきつけて勢力を二分させる、ナンバー2を作り出す。

 

通常、ナンバー2はこのような状況下では、絶対エースに忌み嫌われ、はっきり敵対する。

 

でも、勢力が二分されることで、周囲には選択肢が産まれるし、絶対エースも今までのようにはワンマン決裁(判断)はできない。少しずつかもしれないが、正常な企業組織の意思決定、チーム運営の仕組みが芽生え、根付いていく。

 

そして、それが正しい姿なんだ、と絶対エースが「これはこれでありなんだ。自分もこれくらい許容できなきゃ、ちっちぇえな」と認識したところで、ひとまずのゴール。

 

    

 

 

 

優秀なサポーター組織を作り、絶対エースの支援をするふりして、少しずつ軌道修正していく。

 

敵対関係が嫌なら、絶対エースのサポーター組織を作り、サポート機能を大幅に強化する。

 

そしてお祭り状態のサポート体制の勢いで、少しずつ、「集団の力」で軌道修正する。

 

軌道修正が不快であっても、数や技術で圧倒し、不快ながらも軌道修正を甘んじて受け入れる習慣をつけ、次第にそれに慣れさせる。

 

そして、それが正しい姿なんだ、と絶対エースが「これはこれでありなんだ。自分もこれくらい許容できなきゃ、ちっちぇえな」と認識したところで、ひとまずのゴール。

 

    

 

 

 

 

絶対エースを、思い切って切る。

 

どちらも取りえないというなら、もう切ってしまえ!と私は言います。だって、そのままじゃだめなんだから(苦笑)。

 

いなくても、どうにかなるのが組織です。いなくなったら、それはスキルや経験の面で困るでしょう。だからといって、そのままにしておけば、最悪のケースはその絶対エースがエースたる差別化スキルを相対的に失ったとき。どういう組織かで社内外の反応は違うだろうけど、そのときにエース以外の人達は思いっきり不幸だと思う。まともな運営・挑戦はできなくなると思うのです。

 

でも、外部に相談するくらいのタイミングで、思いっきりその絶対エースを切ってしまうことは、悪くないと私は信じています。相談したあとに思いとどまって、切らずに、そして上述の施策も特に頑張らずに、現状を受け入れていったら、やはりその次にやってくる現実は、もう手遅れの状態かと思うのです。そのまま、絶対エースが朽ちていくところまで、組織全体が付き合っていくしかなくなっていくと思う。

 

  

 

 

 

私は所詮、外部のコンサルタントなので、まずはこの手段をとりなさいと言います。これを選択したらあまり私の出番はありません(笑)。現実的に、そのあとの自浄作用に外部の血は基本不要だと思ってますし。

 

 

 

   

 

ただ、それ以外の2つの選択肢をとりたい、切るのはできない、というなら、どちらかの「新」組織を作るお手伝いはします。それがいいというなら、それが自力でできないとおっしゃるなら、全力で私や私の人材と知恵を投入して、それを牽引します。

 

    

 

    

 

 

 

最後に、この順序は重要だと思ってます。

 

切れるか切れないかを自力で判断させるのが重要です。そこまでは、私は基本、外部の力をできるだけ使うべきではないと。

 

 

 

私個人はそのアセスメント(切るか切らないか、現状分析して評価結果としてどちらかを進言)することはよほどの事情と閃きがないとやりません。切れないから残り2つのどちらかで対処したい、とおっしゃる場合に、自分の全てを投入して、組織や人材の変革をご提言し、一緒に実践していきます。

 

Comment(2)

コメント

naoki4277

興味深いポストですね。 非常にわかりやすいのですが、内容を拡大して「絶対エース=社長」の場合も最初の2つの案の拡張で対応できていくものでしょうか。 ご回答いただければ幸いです!!

naoki4277さん、
コメントありがとうございます。
対応できると思っています。最後の案はかなり難儀ですが(苦笑)。
私の方法論と言ってしまえば、代表者や役員であっても中間管理職や末端に近い実務担当者レベルであっても、この理論は基本遣えるものと信じております。

コメントを投稿する