once a fanboy, always a fanboy ――いい歳なのに与太話はやめられない