once a fanboy, always a fanboy ――いい歳なのに与太話はやめられない

ワイヤレス電話機が嫌いってやっぱり変なんだろうなぁ…

»

 20数年来使ってきた固定電話回線用の電話機が先日壊れた。確かにここ1年ほど、妙に雑音が増えたなとは思っていたのだけれど、遂にウンともスンとも言わなくなった次第。

 ナショナル製で、確か商品名は「デザインホン」だったと思う。受話器本体だけで完結した構造を採用し、通話という機能に徹したシンプルさが好きだった。長年の酷使にも耐えて本当によく頑張ってくれた。どうもありがとう。

1

 さて、うちでの固定電話回線はその使用目的のほぼ9割以上がADSL接続。しかし、だからといって固定電話回線で通話できないのも不便なので、新たに替わりとなる電話機を探すことにした。

 ただ、ワイヤレス電話機はどうも好きになれない。充電しなければ使えない面倒さに加えて、家の中でまで電波発信機を頭にくっつけなければならないのが生理的にダメなのだ(実は携帯電話もできれば使いたくない…)。通話機能だけを搭載した有線電話機、それもできれば、これまでと同じように受話器だけで動作するタイプを想定してネット検索してみた。

 しかし驚いたことに、固定電話回線向け電話機からワイヤレス機を除外すると、ほとんど種類が無い。デザインもおざなりで、本当に売るつもりがあるのだろうかといった感じ。もはや一般家庭でワイヤレスじゃない電話機なんて、ほとんど誰も使わなくなったということなのかもしれない。

 その後、秋葉原へも出向いてみたが、もはやあの街では携帯以外の電話機を扱っている店舗を見つけるほうが難しいという現状を確認することになってしまった。

 結局、受話器本体だけで電話機として機能する有線モデルを現行品で見つけるのは難しいということがわかったので、とりあえず受話器と本体の2ピース構造で一番シンプルなタイプの中から、受話器を耳にあてて一番しっくりきたパイオニア製の「TF-08」を購入。

2

 ちなみに、電話機能しか搭載していない電話機のことを電機店などでは「簡易電話機」と呼ぶらしい。

 それにしても、自分はどうも世間の嗜好からずれていることが往々にして多いのだけれど、電話機についてもまさに浦島太郎な気分を味わってしまったなぁ…。

Comment(8)

コメント

大塚さん

ワイヤレス機器を売っていた私が言うのもなんですが、私もワイヤード派です!
ずっと昔、停電になった時、ワイヤレス電話の電池もなくなって大変困った経験があります。

おーつか

マリコさん、コメントありがとうございます。やはり有線電話の方が好きな方はいらっしゃるのですね。安心しました(笑)。

それにしても、最近の電話環境だと、光電話などのIP電話も増えているので、停電イコール即不通の場合が多いかもしれないですね。

我が家の電話機(10年選手)はソニー製で親機に有線1、コードレス子機1という構成です。
以前の東京東部の大停電の折、携帯電話から架けてみたら停電モードが機能した実績があります。鈴虫のような音で「ティロロロロー」と弱弱しい音でしたがバッチリ通話できました。実は大塚さんのこのエントリをきっかけに妻とも「そろそろ買い換えようか」という話になったのですが、停電の時の頼もしい姿を思い出して続投となりました。

おーつか

yoheiさん、コメントありがとうございます。停電モードなんていうものがあるのですね。身近なものでも、まだまだ世の中には知らないことがたくさんあって驚くばかりです(笑)。

わたしもワイヤレスがきらいで、電話以外の機能が最低限のものが好きです。

アメリカだとまだおバカフォンが10ドル未満とかでわりとあるんですが、日本はやっぱり進んでますねえ。

おーつか

くまさん、コメントありがとうございます。やはり誰もが皆ワイヤレス電話機を好きという訳ではないんですね。それにしても、日本は進んでいるというか、見切りが早いというか…。

ワタシ、仕事は無線通信事業者ですが、自宅は何があっても大丈夫ということでアナログの電話回線に停電すると電話機としてだけは機能する10年以上前のFAX電話です。ワイヤレスの子機は付いてますが本体にも有線の受話器が付いているモノ。前出のYoheiさんと同じ環境ですね。
 
中の人ならではの「何をどこまでアテにするか」ということかもしれません。

おーつか

いわながさん、コメントありがとうございます。まさにプロの選択という感じですね。

コメントを投稿する