once a fanboy, always a fanboy ――いい歳なのに与太話はやめられない

Androidの「自由」は何を目指しているのだろう?

»

 ここ最近、iPhoneのオルタナティブとしてAndroidというプラットフォームに興味を覚えているので、機会を見つけてはAndroid端末を色々といじったりしている。

 ただ、現在の日本で流通するAndroid端末の種類はかなり限られている上、世界で主流となっているOS「Android 2.x」が走る端末はまず見かけることがない。

 どうやら、日本での現状を考える限り、AndroidはiPhoneのオルタナティブというよりは、単なるマニア向けの特殊機器という印象が強い。

 そんな状況の中、先日は知人のXperiaを使って、Googleの公式アプリ配信サイトである「Androidマーケット」を割と時間をかけてブラウズできる機会があった。

 Androidマーケットの状況は、ブログ「ITジャーナリスト星暁雄の"情報論"ノート」の8月17日付けエントリー「Androidマーケットの有料アプリ販売はまだ厳しい──有料アプリの76%は販売本数50未満、値付けの最頻値は0.99ドル、キャンセル率20〜30%」からも判るように、有料アプリ市場としてはかなり厳しいのが実情らしい。

 そんな話を思い出しつつ、Androidマーケットを見て回っていると、ちょっとした驚くべき事態に遭遇した。以下のスクリーンショットを見ていただきたい:

Themedlpage


 これらは「テーマ」と呼ばれるUIをカスタマイズするためのアプリで、割と気軽に派手な効果を楽しめることから、比較的幅広いユーザー層に人気があるものだ。そんな人気のあるテーマの新着リストに並んでいる有料アプリの多くが、実は、著作権や商標権に違反した海賊品なのだ。上記スクリーンショットに映っているものについては、コピーライト表示などを確認する限りにおいては、どれも使用許諾を得ていないと考えられる。

 先に紹介したブログ記事にあるように、Android向けアプリ開発者の多くが、いかにして有料アプリを売るかに苦心している一方で、怪しい海賊アプリの数々が大っぴらに販売されているという……。

 Googleはこの状況を一体どう考えているのだろう?

 Appleの「App Store」におけるアプリの審査や規制が厳しいのとは対照的に、GoogleのAndroidマーケットはその自由さが高く評価されているようだけれども、このような乱暴な「自由さ」が、果たしてこのままずっと許されるのだろうか? もし、許されてしまうのなら、まじめなアプリ開発者はAndroidから離れていかざるを得ないだろう。

 Androidが「スマートフォン」というマニア向け市場から抜けだして、より幅広いユーザー層に受け入れられる汎用プラットフォームとなっていくためには、この「自由」という概念をどう整理していくのかが、大きな課題になるのだろうなと感じた次第。

Comment(4)

コメント

TETSU

これは大きな問題ですよね。
リバースエンジニアリングも比較的簡単に出来るらしいし、アタリショックの再来の可能性が・・・

無料で審査がなくて自由なら成功間違い無しなら、Linuxはもっと成功していてもいいはずだし
このまま行けば空中分解ってことになる可能性もあるかも?

おーつか

TETSUさん、コメントありがとうございます。
どうも今のままいくと、どこかで大きな躓きが起きるのではないかという不安がありますね。今後の動向が気になるところです。

くま

法を守るのは使用者の責任で自分とこはそれをエンフォースする義務を負わないけど、(商売に影響が出るようなら)何らかの対応をする権利は留保するとかいう感じで、コンセプト的にはYouTubeなんでしょうねえ、やっぱり。。。

おーつか

くまさん、コメントありがとうございます。
Googleの姿勢はまさにインターネット的ですよね。それに応じて使っていける人は良いのでしょうが、ケータイのつもりで使う人が増えてくると色々とトラブル抱えるだろうし、ドコモのようなキャリアが課金処理なども含めてどう対応していくのか、やじうま的な立場として非常に興味があるところです。

コメントを投稿する