海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

iPhone/Androidが圧倒。最新スマートフォン,多機能携帯電話のシェア動向

»

3月25日,米国モバイル広告配信会社であるAdmobから,2010年2月レポート「Admob Mobile Metrics Report Feb. 2010」が発表された。

まず,Admobの広告配信ネットワーク内での,スマートフォンのOS別トラフィック・シェア(販売台数ではなく,インターネット・トラフィック量のシェア)を見てみよう。

Fig1_2

調査対象は全世界。iPhoneOSがモバイル・トラフィックにおいてすでに50%を占めていることかがわかる。またシェア2位のAndroidは24%だが,2009年2月が2%だったことを考えると,この1年でシェア12倍と驚異的な成長でiPhoneを急追している。

参考まで,6ヶ月前,2009年8月のトラフィック・シェアは次の通り。

Fig6

6ヶ月間の変動を見ると,iPhoneOSが 40% → 50%,Androidが 7% → 24%と大幅にシェアを伸ばした反面,SymbianOSは 34% → 18%,RIM OSは 7% → 4% と大幅にシェアを落としている。トラフィック量から見ると,スマートフォンはiPhone/Androidの二強時代に入ったと言ってよさそうだ。

 
 

Fig5

これらスマートフォンと,Feature Phones(多機能携帯電話),Mobile Internet Devices(iPodTouch,SonyPSP,NintendoDS等)のトラフィック・シェアを見たのがこのグラフだ。

2009年2月と比較すると,この1年間で,スマートフォンは 35% → 48%,Mobile Internet Devicesは 7% → 17% とトラフィック・シェアを伸ばしたのと対照的に,多機能携帯電話のシェアは 58% → 35% と大きく衰退している。ちなみにMobile Internet Devicesの93%はiPodTouchとのことだ。

 
 

なお,メーカー別に見たトラフィック・シェアの推移は次の通りだ。

Fig2

メーカー別のトラフィックシェア・トップは,やはりAppleで40%。さらにNokiaの15%,Samsungの11%,Motorolaの8%,HTCの6%と続いている。

 
 

参考まで,3月26日に米国調査会社ニールセンから発表された米国におけるスマートフォンと多機能携帯電話の出荷台数を見てみよう。(これは「米国」,「出荷台数」である点に注意)

Fig4

2009年Q4時点の実績では,多機能携帯が79%,スマートフォンが21%となっている。ニールセンは,2年後の2011年Q4時点でスマートフォンが逆転し,50%以上となると予想している。

あくまで米国データではあるが,日本においてもiPhoneは絶好調で,Admob調査によると2009年のiPhone伸び率は300%超と世界トップだった。このスマートフォンの世界的潮流が日本にも押し寄せてくると,日本の携帯ビジネス事情にも大きな影響を及ぼす可能性が高い。

右肩上がりで伸びてきた携帯コンテンツ,携帯SNS,携帯コマース等の成長が鈍化し,それに変わってiPhoneなどのスマートフォンが台頭してくるということだ。そしてスマートフォン上のトラフィックはゲームのルールが異なるため,現在の携帯ビジネスで大きな影響力を持つ国内キャリアや大手CP,大手SNSから,AppleやGoogle,Amazon等の世界的プレイヤーにパワーがシフトする可能性を示唆している。
 

【参考記事】
「携帯・モバイル・タブレット」 カテゴリー記事集



この記事をツイートする ⇒ この記事をつぶやく   このブログを購読する ⇒ このブログを購読する



【関連記事】

HTML5のインパクト ~ それを巡るAppleとGoogleの呉越同舟 (2/8) 
Google vs Apple vs Microsoft ~ ひと目でわかるモバイルOS戦争の構図 (1/3) 
米国専門家36人によるトレンド予測 ~ 2010年,ソーシャルメディアはどうなるか? (1/3) 


【in the looop はてぶトップ3記事】
1位 Google Readerであらゆるページを購読可能に ~ 自動RSSフィード生成機能 (1/26) 
2位 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃 (12/30) 
3位 mixi,モバゲー,iPhone 徹底比較 「どのアプリが一番儲かるか?」 (12/1) 


斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する