米国の通信業界を主体に、最新ITトレンドを追う

On Vox: Google I/O2日目、衝撃のGoogle Wave

»

グーグルは開発者会議2日目にGoogle Waveを紹介した。

どう説明して良いかわからないほど、衝撃的なアプリケーションと言える。細かい機能などは基調講演のビデオ(http://wave.google.com/、英語版のみ)がアップされているので、ぜひごらん頂きたい。

Google Waveは一見、最近流行のUC(Unified Communication)ツールのように見える。電子メールとチャット、写真共有、ウィキ、マッシュアップスなどの機能を統合しているからだ。

では、IBMのLotusなど、代表的なUC商品と同じかと問われれば、「違う」と答えざるを得ない。従来のUCとはまったく違うアプリケーションに仕上がっている。たぶん、これまで各社が進めていたUC開発競争を一変させることになるだろう。俗に言われるゲーム・チェンジャー的な製品だ。

抽象的な説明で実に恐縮なのだが──

従来のPPTは、紙の上で処理していた物をコンピュータに代替させることで飛躍的に生産性を高めた。インターネットの登場で、これに電子メールやチャット、ネット電話が加わった。しかし、それらはインターネットという世界にありながら、サービスとして独立したものだった。一方、Google Waveはネットに関係する様々なサービス群(検索、メール、チャット、ビデオ、写真共有、ビデオ配信などなど)をひとつにまとめて、効率よく利用するためのプラットフォームであり、ネット活用のための生産性ツールと言えるだろう。

インターネットの底力、新たな可能性を強く示唆するアプリケーションといえる。

今日紹介されたGoogle Waveにはあまりに多くの可能性が秘められている。たぶん、ワープロや表計算がパソコンを普及させたように、Google WaveのようなPPTがネット端末(ネットブックやモバイル・パソコンなど)を普及させるだろう。企業アプリケーションのあり方も変えるかもしれない。アップルのiPhoneが携帯電話における進化の方向を変えたように、Google WaveはUCの進化方向を変えることになるだろう。

そこにはアップルのハイパーカードが当時アプリケーション業界に与えたようなショックを感じる。ハイパーカードやiPhoneのようなエポック的な存在になるかもしれない。


小池良次(www.ryojikoike.com)


Originally posted on ryojikoike.vox.com

Comment(4)

コメント

私もWaveにとても大きな衝撃を受けました。保守的な日本企業がどのように対応するのか、無視するのか、この上に更に独自の工夫を積み上げて使い倒すのか、とても関心があるところです。

R. Koike

jacareiさん

コメントありがとうございます。
ブログで指摘されている「(グーグルは)根本に立ち返って考えること」ができる会社というのは、まったく同感です。

と同時に、違法ではないにせよ、相手の弱点を狙って攻めてくる企業戦略を得意としているのも、事実ですね。お上品な日本企業にはなかなかできない行動パターンのように感じます。

小池

小池さん、ご無沙汰しております。日本では漸くNTTドコモからAndroid携帯の発売発表があったところですが、Android携帯は新しい経験価値主導の市場を作り上げてゆくだろうと書いていたところですが、Waveが携帯上での使えるようになるとすごいことになりそうですね。
日本の企業はディレクトリ毎にガチガチのアクセス制限をつけて情報管理なるものをやっていますが、Waveの世界とどのように折り合ってゆくのでしょうか?

ある日系IT企業の方と話しをしていましたが、もう一回、メインフレームのような世界にガラポンした中で徹底的に仮想化し、自分しか見えないMy PCの環境を作ってやればいいんじゃないか・・と言っていました。日本はどこまでいっても後追い型の改良で対応するような感じがしますね。

R. Koike

フロンティアさん、お久しぶりです。


昔からS/CアプリとP2Pアプリのハイブリットが企業システムでどう実現するのか──気になっていました。Waveは、いよいよその回答のひとつになるかもしれません。Waveのしくみ自体はS/Cシステムですが、動き方はP2P的な超分散です。情報管理部門は、従来のようなポート番号などだけで情報管理を行う“ザル・アドミン”ができなくなりますね。ちゃんとADCなどを導入し、アプリケーション毎にアクセス・コントロールをする必要があります。いや~、何万人も従業員のいる会社は、このレベルの管理をやると凄い大変です。いずれにせよ、「面白い」アプリとユーザーは騒ぐ一方、裏方は「憂鬱」が進みますね。


小池

コメントを投稿する