どんどん出てくるIT業界の新トレンドを乗りこなし末長くエンジニアをやっていきましょう。