簡単そうで意外と細かい手順と心配りが必要な「事務局」。ビジネスセミナー、周年パーティ、小規模勉強会からPTAイベントまで、事務局の現場から、企画からスムーズな運営、場づくりの失敗と成功を紹介します。

気になったら、急いでランチに誘え

»

IMG_2725.JPG人とのネットワークを広げるポイントのひとつは、ゆるやかに誰かと会う機会を積み重ねていくことです。

特に初めて会った人と次の約束をとりつけるのは、ランチが誘いやすい。

例えば「情報交換しましょう」でビジネスの時間を割いてもらうのは気がひけるし、

「夜、ご飯食べに行きましょう」は重い。そもそも忙しい人の場合は、約束をとりつけても会うのが1-2ヶ月先になってしまいます。

誰もが必ず食べる「ランチ」であれば、休憩時間を情報交換にちょこっと活用しませんか?的な感じになるので、忙しい人に声をかけやすいものです。

 
「でも、初めて会合などで会った人を、ランチに誘えるかどうかを見極めるのは難しい」
という相談を受けました。

そんな時は、本当に会いたければ誘ってしまうんです。誘って反応がなければ、深追いしない。「嫌われた...」のではなく、「今は縁が無い人」と考えると気が楽です。

誘った場合の反応については、こんな感じで距離感を測ります。

■お誘い
「昨日はお疲れさまでした!楽しい会でしたね。ところで近いうちにランチ行きませんか?」

■回答

1.見込み無しパターン
「・・・・」回答無し

「お疲れさまでした。引き続きよろしくお願いします!」話題にのってこない

「ごめんなさい、今月は決算で忙しいので、落ち着いたら行きましょう」大人なお断り

2.見込みありパターン
「ごめんなさい、今月は決算で難しいのですが、落ち着いたらぜひ!」

何かしら熱い感情が込められている。

3.かなり前向きOKなパターン
「いいですね、行きましょう!」

ただ3の場合も、ここで終わりにすると何も生まれません。

即座に
「いつごろがいいですか?例えば 11/5や11/8などはいかがですか」
と日程まで落とし込んでいきましょう。

もちろん、2の場合も、せっかくなのでしばらく期間をおいてから、必ず連絡します。

最初のランチのお誘いそのものも、なるべく間をおかずに連絡することをおすすめします。出会った翌日か、せめて数日以内。自分のことを忘れ去られてしまわないうちに、急いでランチに誘います。
 
(小林利恵子/opnlab)
 
すぐには仕事に役立たないけれども、いつかじわじわ効いてくるopnlab
11/25開催セミナー
デザインの底力:色とフォント」(opnlab 夜の学校)
 モリサワと西武鉄道という異色の組み合わせでデザインについて語ります。
 
opnlabとは
学びの場で個人と企業のステージアップとブランディングをお手伝い
http://www.opnlab.com



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する