アジア地域ネタ(主に中国・台湾)や、広報、IT周りのことを、「のんびり寄り道」ペースで。

台湾のテキスタイルブランド「印花樂」 日本第一号店オープン

»

2008年創立の台湾のテキスタイルブランド「印花樂」が、東京の蔵前に日本第一号店をオープンしました。(お店の表記は、日本では「印花楽」にしているようなので、ここからはそのように記します。)

IMG_6701.JPGのサムネイル画像

店内は、バッグやポーチ、エプロン、ランチョンマットなど、おなじみの印花楽グッズであふれています。完成品だけでなく、生地そのものの切り売りも行なっています。また、印花楽以外の台湾ブランドの製品も扱っていて、個人的に嬉しかったのは、食器や料理雑貨のブランド「TZULAI (正式なブランドロゴは、iの上の点が二つ)」のプロダクトが置いてあったこと。店員さんのオススメは、鹿皮(ルーピー)というブランドで、今はまだ取り扱い製品が少ないけれど、これからもっと増やす予定との事でした。

お店オープン日の11月11日より、3,000円以上購入の方には、先着でトートバックをプレゼントしています。私は13日に行きましたが、その時点ではまだもらえました。また、日本限定デザインの図柄でトートバックを作成できるワークショップも、オープン記念で半額とのことでした。

今回購入したもの

IMG_6711.JPG

鳥柄のミトン

IMG_6710.JPG
TZULAIの素敵なワイヤーバスケット、サイズ違いで二つ。もう一回り大きなサイズもありました。


もう一つ、ちょっとワクワクするようなことが。台湾カルチャーを五感で味わう「Taiwan Tea & Gallery 台感」が、印花楽の隣(!)に12月1日にオープンする模様。こちらは、日本と台湾をつなぐCreative Agency「LIP(離譜)」のプロデュースです。蔵前が、東京における台湾カルチャーの発信地となる日も近いのかな? 楽しみです。

IMG_6702.JPG


IMG_6703.JPG

さらに、台湾とは関係ないのですが、印花楽から歩いて10分弱ぐらいの所に、美味しい汁なし担々麺のお店「タンタンタイガー」もあります。店主の東山広樹さんが1年6ヶ月かけて、1000回以上の試作と、212名の試食によるフィードバックでたどり着いた汁なし担々麺で、辛さと痺れのレベルを三段階から選ぶことができます。実は私も、お店のオープン前の212名の試食者のうちの一人なのですが、確実にその時よりパワーアップしていて、「痺れ」も絶妙な担々麺に仕上がっていました。

IMG_6706.JPG

IMG_6707.JPG


<関連情報>

inBloom 印花楽 蔵前

東京都台東区蔵前3-22-7

営業時間 11:00~19:00

定休日 不定休

https://inblooom.jp/

LIP

http://lipbox.p2.weblife.me/index.html

タンタンタイガー

東京都台東区鳥越2-2-1

営業時間 11:00〜15:00、 17:00〜22:00

年中無休(年末年始を除く)

https://twitter.com/h_gashiyama (店主 東山広樹さんのTwitter アカウント)

上記は、2017年11月13日時点の情報です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する