アジア地域ネタ(主に中国・台湾)や、広報、IT周りのことを、「のんびり寄り道」ペースで。

台湾のEtsy? Pinkoiを使ってみた

»

今日のSlush Asiaのスピーカーに、PinkoiのCEOが入っていたのですね!知っていたら参加していたのに...。残念です。

Pinkoiは、台湾のEtsyと呼ばれているマーケットプレイスです。今年の1月に私も初めて利用しましたので、その時のことを少し。

<Pinkoiで印花樂の布を買ってみた>
前回ブログに書いた、台湾の布・雑貨ブランド「印花樂」の商品がPinkoiで買えることが分かったので、注文してみました。

まずはスマホ用アプリをダウンロード。日本オフィスも昨年10月にオープンしているようで、インターフェイスが日本語化されています。

1日本語_updated.jpg

2商品_updated.jpg

この頃ちょうど春節前だったので、4種の布が入った福袋が売られていました。4種類で4,740円という値段は、本当に買おうかどうかかなり迷いました。

3送料.jpg
送料も入れると、5,859円...。
台湾で買う場合、1種類で350~390台湾ドルなので、390台湾ドルとして考えると、390元×4種×3.8=5,928円ですね。まあそれならば妥当かなと思い、思い切って購入しました。

4支払い完了.jpg
注文完了は、1月17日(土)の午前9時。


1月19日(月)の午後6時ごろに、印花樂のメッセージがPinkoiアプリ内に届きました(下記写真)。これで、ひとまず台湾から発送されたということで、一安心です。ただし、この「Postal parcel」の番号をどこに入れたら配送状況が分かるのかはよく分かりませんでした。台湾の郵便局のサイトに行って、番号を入力してみましたが、特に配送状況のようなものは現れませんでした。

5発送完了.jpg

ドキドキしながら待っていると、1月22日(木)の午後5時ごろにはもう届きました!

6到着.jpg
台湾の郵便局の段ボールなのか、とても可愛らしいです。発送伝票に台北の「迪化街(ディーファーチェ)」のお店の住所が書いてあるのをみただけでテンションがあがる!

7トート.jpg

中をあけると、トートバッグが!しかし、今良く見ると、「2014 Year of the horse」と書かれていますね...。開けた時は嬉しくて舞い上がっていて、今の今まで気付かなかったです。旧暦としてはまだ午年だったからなのか...。

8布たち.jpg
バッグの中には4種類の素敵な布が入っており、大満足でした。これで何を作ろうかとわくわくしてしまいます。


今は、似たような福袋が、「母親節(母の日)」のタイミングで出ているようですので(2005年4月24日現在)、興味がある方は是非こちらをご覧ください。

<Pinkoiのその他取扱い商品>
印花樂の他にも、台湾の素敵なデザイナー・クリエイターさんの商品や作品が沢山あります。私も大好きなnoriの靴下もありました。

9nori.jpg

Pinkoiは、オンラインでの買い物はもちろん、「次回台湾に行くときはこのデザイナーさんの作品を探してみよう」というような目線でも参考になるサービスです。


<おまけ>
以前からPCバッグとして使っていたトートバックが古くなってきたので、印花樂の布を使って同じサイズのトートバックを作ってみました。
10完成図.jpg

<参考リンク>
Pinkoi公式サイト
http://jp.pinkoi.com/

上記は、2015年1月または一部4月24日時点の情報です。

Comment(2)

コメント

尹方怡

川原さん、
こんいちは、
ピンコイ日本マーケティング担当の尹と申します。
ピンコイについて書いていただき、ありがとうございました。川原さんの記事を拝見し、日本の皆さんにピンコイをもっと知ってもいたい!と思いながら、この記事の内容をピンコイ公式twitterにシェアしたいと思っております。
川原さんの記事をシェアさせていただけませんか?ありがとうございます!

尹さん、ありがとうございます!
もちろんOKです。是非お願いします。Pinkoi、応援しています。

コメントを投稿する