中小企業の開発者は会社で何をしているのか

Windows 8.1 の「メディアの種類」

»

メディアの種類

VMware Fusion 上で実行している Windows 8.1のハードディスクを私の環境で確認すると、

「メディアの種類」が「ソリッドステートドライブ」になっています。 

確かにホストのMacBook ProはSSDですが、
どうやって仮想環境のWindowsがそれを調べているか気になっていました。

メディアの種類が変わらない

話は変わります。

訳あって内蔵SSDから外付けHDDに仮想マシンを移動することになりました。
その仮想マシンを起動して「メディアの種類」を確認すると、「ソリッドステートドライブ」のままです。

不思議です。

ウェブで調べたところ以下のコマンドの実行で認識し直すことができるとのことでした。

C:¥> winsat diskformal

実行してみたところ、本当に直りました。

どうやらこれはWindows エクスペリエンス インデックスを計るコマンドラインツールのようです。
きっと速度が速いディスクはSSD、遅いディスクはハードディスクと認識しているのでしょうかね・・・?

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する