中小企業の開発者は会社で何をしているのか

BOSE QuietComfort 15 のパーツ交換

»

2年ほど前に購入し、今年の春にBluetooth化したQuietComfortのイヤーパッドがついにぼろぼろになってしまいました。

特に今年は寒い日に運動するときの耳当て代わりに使っていたこともあり、
汗もしみこみ相当な負担をかけていたことでしょう。

イヤーパッドは交換できることを知っていましたが純正品は結構なお値段で、 
気軽に購入できないため、社外品を使ってみることにしました。

なんと純正品の1/3くらいのお値段です。
届いたところで違いを見てみます。 

IMG 1049IMG 1050
純正が下です。
写真が下手なのと、既にぼろぼろのため何が違うかわかりません・・・
強いて言えば、スポンジの色が黄色か黄緑かという違いがありますね。

触った感じ、今回購入した社外品の方が固めです。

IMG 1052IMG 1051
今回避けてしまった部分をみてみます。
左が純正、右が社外品です。

購入した社外品の方が縫い目がしっかりしていて丈夫そうです。

早速購入して装着してみたところ、純正より固めの印象をうけましたが、耳が痛くなるような違和感はなくとても快適です。
イヤーパッドはツメで固定されているのでぱちぱちはめていく感じで取り付けますが、社外品のほうがはまりにくかった気はしますが、使用上問題ないようです。

同じヘッドホンをお使いで、パッドでお悩みの方の参考になれば幸いです。

ちなみに、いくつかのメーカーさんから出ているようですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する