ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

デヴィッド・ボウイ大回顧展 DAVID BOWIE is を体感!

»

キース・エマーソン、グレッグ・レイク、ジョン・ウェットン、グレン・フライとここ1年で大好きだったアーティストが次々に亡くなってしまい、寂しく切ない想いです。デヴィッド・ボウイも大好きでした。初めて買った彼のレコードは、「ジギー・スターダスト」。中の曲は一つも知らないのに、アルバム・ジャケットにつられて購入。

ジギー・スターダスト<2012リマスター> ジギー・スターダスト<2012リマスター>
デビッド・ボウイ

ワーナーミュージック・ジャパン 2015-09-24
売り上げランキング : 3982

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一曲目に針を落とした途端にその世界に引き込まれました。今もよく彼の音楽を聴きますし、全く色褪せない素晴らしい音楽だと思います。

現在、東京の品川区・天王洲でデヴィッド・ボウイの大回顧展 DAVID BOWIE is が開催中です。土日は、混んでいるかなあと思い、平日会社を休んで行ってきました。入場券は、2時間毎の入場時間指定です。観覧者は、全員ヘッドフォンを付けて入場するので、その在庫数のためらしいです。前売りで売り切れてしまうとその時間帯の当日券は無いそうですが、僕が行った日は、どの時間帯も当日券ありでした。

IMG_1540.JPGIMG_1539.JPG

美術展でその作品の前でボタンを押すと説明が流れるオーディオガイドは、よくありますが、こちらは、展示作品の前に立つと自動的にその展示と関係があるボウイの音楽が流れてきます。ボウイのこれまでの名曲を聴きながら観覧するのです。インタビューのビデオが流れているモニターの前に来ると、音声になったりとなかなか凝っていました。結構ところ狭しと展示作品があるのに、上手に音楽が切り替わりました。音楽を聴きながら思わず体が動いてしまっている人もいました。もしかしたら、僕もそうだったかも。(笑)まさに体感する展覧会です。

ボウイの直筆のノート、絵画、時代時代の衣装他貴重な資料がたくさん展示されていました。もともと美術学校出身のボウイだけあり、ミュージック・ビデオや衣装、コンサートの舞台などの絵コンテやデッサンがたくさんあって、大変興味深かったです。

圧巻なのは、やはり衣装ですね。当時の映像のメイクアップと合わせてみると、そのスタイルとビジュアルは、同じ人とは思えぬほど。そして、体が細〜いです。バックにクラウス・ノミがいる映像もあって、これノミのドキュメンタリー映画で観たなあと懐かしく、また切なくなっちゃいました。

やはり、年配のお客さんが多い気がしましたが、ボウイの音楽は今の若い人にも気に入ってもらえると思います。また、衣装やデッサン、出演映画やミュージック・クリップの映像は、美術やデザインを志している人にも絶対に面白いと思います。

ボウイの名曲に誘われて、展示作品を巡る、まるで時空を超える旅のようでした。懐かしい曲に、当時のことを思い出しながら、楽しい時間を過ごせました。グッズもいろんなものが販売されていました。

確実に入場できるよう、事前にチケットを買った方がいいと思います。僕は、前日にチケットぴあで購入し、コンビニで発券しました。ぜひ、天王洲にデヴィッド・ボウイに会いに行ってみてくださいね。

DAVID BOWIE is
天王洲・寺田倉庫G1ビル
4月9日まで(月曜休館、但し開館日もあり)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する