ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

WATSONは、いずれHALになれるのか?

»

うちの吉田賢治郎もブログに書いておりますが、弊社のスーパー・コンピューター「WATSON(ワトソン)」が米テレビのクイズ番組「Jeopardy!(ジョパディ!)」の練習戦で人間に勝利しました。2月の本番が楽しみです。

弊社IBMは、今年100周年を迎えます。これは、その100周年の目玉企画の一つなんですが、自分の会社ながら関心するのは、研究や準備を100周年の年に合わせてきちんとしてきたところです。何年前から準備して実施すれば、100周年のその年に間に合うと、計算していたんですかねえ。

今回、人間のクイズ王に挑戦するWATSONは、人間の自然言語を理解して返答します。2001年には間に合わなかったですが、映画好きの私としては、これってゆくゆくは、『2001年宇宙の旅』のHAL9000の元になったりしないですかねえ?

What is WATSON日本語字幕版ができましたので、ぜひご覧ください。

本番は、来月の14日(現地時間)から3日間。その頃、アメリカに行ってますって方は、ぜひ世紀の対戦をご覧になってくださいませ。

<関連記事>

練習戦の関連記事をご覧ください。
NHK  コンピューターがクイズ番組に
asahi.com 人工知能スパコン、クイズ王2人と対戦へ 米IBM開発
YOMIURI ONLINE IBMのスパコン、人間と早押しクイズ対決へ

<Social Media>
Facebook WATSON ファンページ
WATSON Twitter
誰が勝つか、投票しよう!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する