日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

【黄金の金曜日】グッド・クエスチョン

»

よい問いは物事を前に進めます。考えさせられた問い掛け、ときどき自分に投げかけている質問、あるいはよく使う質問はありますか?

トラックバック / コメント をお待ちしております。
(「黄金の金曜日」についてはこのエントリ をお読みください)

今週のお題は「グッド・クエスチョン」。むむむ、Good Question... と時間を稼ぎつつ考えてみると、やはり仕事柄「So What? / Why So?」のセットはよく使います。

そういうツールっぽい質問以外で印象に残っているものを一つ挙げます。あるオフサイトミーティングで、マネジャーが冒頭に「子どもの頃の(悪い)クセは?」という問いをスライドに掲げました。これに一人ずつ答えていきます。メンバーの人柄が何となく分かるし、ユーモアも込めやすいし、場をほぐすいい質問だなあと感心。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? あと、これを忘れていました。『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』はまさにグッド・クエスチョンですよね。

先週のお題は「独創的」。皆さんありがとうございました。

NEROさん
『…新しい実験をする際に、いつもそこらへんにあるもので新たな器具を作って難なく実験をこなしてしまう先輩で、憧れの目で見ていました…やっぱり独創というのは「見よう見まね」から始まるものだと思うのですよね…』

「組み合わせる力」は、独創の中心にあると思います。子どもは詩人とよく言いますが、あれも限られた語彙で表現するために、必死で「組み合わせ」をやるからですよね。そういえば今日、長男Aくん6歳が、バナナのヘタの部分を「バナナの皮が上手にむける取っ手」と言っていました(笑)。

アキヒトさん

夫婦のつぎは、何になろう。

こ の言葉を目にすると、いつもハッとしてしまいます。(略)夫婦という関係が終わりでいいの?それ以上の関係は考えられないの?と気付かせてくれる、良い言葉だと思います。』

既に『「で、次は?」という問いの力』に書いてしまいました!

hito-kanさん
『…TAROさんの作品は、キャンバスの中にとどまっておらず、不思議な揺らぎというか動きを感じさせる…そんなTAROさんが1968年に製作したまま行方不明になっていた壁画がエントリタイトルにした「明日の神話」…』

岡本太郎さんの壁画がタイムリーにも修復完了になったとか。見に行こう!

mohnoさん
『この話そのものが使いまわしで、独創的ではないのですが、ふたたび「スーパーマンレッド」を紹介しておきます…』

たしかに独創的なサイトですね。独創的なドメイン名に出会ったことはありませんか ;-) ?

Comment(4)

コメント

誰でもしていることかと思いますが、自分にも相手にもよく問いかけるのは
「その行動は目的達成に最適なのか」です。
先入観や偏見などに囚われていると、冷静になれば見えるはずの最適解を見失ってしまうように思います。
分かってても、なかなか冷静になるのが難しいんですよねぇ。

> 独創的なドメイン名
あっ、あります、あります :-)
http://3.141592653589793238462643383279502884197169399375105820974944592.com/
→いわずと知れた円周率(最初の3.はサブドメイン)
以前は http://3.1416.com/ もサイトになっていたんですが、今見たらアクセスできないですね。
サブドメインといえば有名な http://del.icio.us/ も、相当変わったドメインです。
ごくまともなものでは http://utada.com/http://kiriya.com/ ご夫妻。夫婦で.comドメインを持っているなんて、ここと、うちくらいに違いない:-)
ちなみに http://letterbomb.com/ は私のものです :-)
(その他はリンク先へどうぞ)

高校入試の国語の試験の最後の質問。
「あなたにとって○○高校は、東西南北のどの方角ですか?方角と、その理由も書きなさい」
入学してから、その問題を作った先生に正解を聞いてみたところ、
「方角は何でもよかったんだ。その理由をどれだけ描けるかを見たかったんだ」
とのことでした。堀内さんも書かれた“Why so”ですね。
ということで。質問+「なぜ、そう思うのか」の組み合わせではGood クエスチョンじゃないかなぁと思います。自分自身にも問いかけるときにも。

mohno

出張で忙しくエントリができませんでした;_;
"good question" とは、「想定外の質問」あるいは「聞かれたら嫌だと思っていた質問」を聞かれたときにわれる表現ですよね。(鋭い質問をした)質問者に対する褒め言葉だと思います。そういう意味では、ときどき自分に投げかけている質問とか、普段から使う質問で「同じもの」って、あまりないですね。
ちなみに、最近、本社から来日した CEO が社員総会で質問を受ける時間があったので、(具体的に書くのは遠慮しますが)少々いじわるな質問をしてみましたが、普通に答えられてしまいました^_^; 前職のときもそうでしたが、こういう機会で日本人って質問しないですよね。私は、(質疑応答の前のしゃべりもそこそこに)いかに印象的な質問をしようかと腐心するんですが。:-)

コメントを投稿する