日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

【黄金の金曜日】コーチ

»

★今週のお題★
「コーチ」

馬車(で目標まで運ぶこと)が語源と言われる「コーチ」。もし
「何でもいいからコーチをつけてよい」
と言われたら、何のコーチをつけますか?期間は3ヶ月を目安とします。
実在しないようなジャンルのコーチも可。
個人指名(「ともかくこの人にお願いしたい!」ということ)もOK。
なお報酬の心配は無用です。

※いわゆるコーチングでいうコーチにこだわらず、トレーナーでもメンターでも師匠でも、そういったイメージ(笑)の存在として考えましょう。

トラックバック / コメント をお待ちしております。

(「黄金の金曜日」についてはこ のエントリ をお読みください)

先週のお題は「ザ・ミュージアム」。皆さんありがとうございました。どんなミュージアムが集まったかと言いますと…。

conducさん「自筆譜」。作曲家自筆の譜面ということですね。
NEROさん「こうやって実現した!」という現実化した夢がずらっと並んでいる博物館。さらに構想は広がって、

過去の人々の業績を達成するプロセスを疑似体験すると、自分の夢も実現できるような気がするじゃないですか。その勢いで、入場者が皆自分の夢を「こ うやって実現する」というシナリオつきで残していくのが、「これから達成したい夢」の博物館です。実際にその夢を実現した人を毎年集めて、その年のチャン ピオンを決めるイベントを開催するなんてこともできそうです。

過去と未来がつながって、展示物がどんどん増えていく博物館になると面白そうだと思うのですが。

これは素晴らしい。
abiruさん「緊急事態博物館」もユニークさでは負けていません。【旅客機の脱出体験】は一度やってみたいですが、【救命筏に一泊】(要事前予約)は、まあいいや(笑)。

sapphireさんは「体験できる楽器ミュージアム」。これは実現可能性高し?
sewerさんは「ミシン博物館」。『 う~ん、入館者少ないだろうなあ』。そうかも。
mohnoさんは「98博物館」。『TK80からすべて、というのもいいですね』。Web上では誰かやってそうですね。ちなみに僕が始めて手にしたPCは、コモドール VIC1001の中古でした。多分。

さて今週のお題。僕は今のところ「書き物」のコーチが欲しいなあ。作家や脚本家や記者の手法に通じていて、目的に応じて適切なエクササイズを教えてくれたり、適当なマイルストーンを置いてくれたり。

(おしらせ)
今週のお題は、自分の夢が明確であれば書きやすそうですね。
と言えば(強引…)、先月、『「夢」をバージョンアップしろ!』という副題の、『すごい!自己啓発』という本が出ました。著者の岡崎太郎さんのご厚意で、この本を10冊プレゼントしています。

『すごい!自己啓発---「夢」をバージョンアップしろ!』をプレゼント
※サイトへの無料登録が必要です

Comment(3)

コメント

@IT新野です。僕は、ものを捨てるコーチですかね。「あ、それは捨てたほうがいいでしょう」とか「それは捨てないで取っておくべき」とか、理路整然とクールにアドバイスしてくれるとしたらうれしいですね。

sapphire

正しい発声・歌唱を学べるコーチ(ソプラノorメゾソプラノ)を希望します。高音のPP迄、美しくうたえるようになりたい。自分も満足、他人にも至福の時?を分けてあげれるくらいのレベルになればHappyなのだけど。(元が問題か?)

キャンプのコーチ。
家族でキャンプに行きたいが勝手がわからないので。コーチでなくても付き添いとかガイドでもいいかもしれませんね。でもコーチの方が安く済むか・・。

コメントを投稿する