国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

アップルvs.サムスン特許訴訟の東京地裁判決(2012年8月31日)に関して弁理士・松倉秀実先生に解説してもらいました

»

8月末に、AppleとSamsungの国内知財訴訟で東京地裁の判決が出ました。

多くのメディアが報道しましたが、「サムスンがアップルに知財係争で勝訴した」という1つの事実でしかなくて、それは、海外での訴訟判決やら何やらで想像をかき立てて、読者・視聴者をミスリードしていたのではないかと思い、TwitterやFacebookで少しだけ書いたのですが、懇意にして頂いている、秀和特許事務所の松倉先生から、この係争に関しての解説をして頂き、AppComingのほうに記事として掲載させて頂きました。

知財系のお仕事はしたことがありますが、専門家ではないですし、係争についても当然ながら素人なので、私がとやかく言う話ではないかもしれませんが、思い起こせば1年ちょっと前にも、『ITmedia海外速報部オフライン』イベント(http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1106/07/news003.html)で、佐藤さんのおまけで登壇して、パテントの話でもりあがった事を思い出しました。http://blogs.itmedia.co.jp/katabami/2011/06/itmediaitmedia-8eb9.html

素人だから知りたいという事もあるので、私的に、こういった知財係争のケースでのチェックポイントをあげると、

  • 何に関する係争なのか?
  • どの知財に関する係争なのか?
  • 判決が出た裁判は、どのステージなのか?

と、大きく3つを気に掛けています。

line

『何に関する』
具体的な訴訟内容で、技術的な侵害なのか(大企業であれば特許であり、中小含めれば実用新案まで含まれるかもしれません)、デザイン的な侵害なのか(意匠)、ブランドの侵害なのか(商標)、ソフトウェアそのものの侵害なのか(著作権)という、知財の特許・実用新案・意匠・商標(いわゆる特実意商)+著作権の何れかという点です。

例えば、アップルとサムスンのケースでは、iPhoneとGalaxyが似てると係争していれば、それはデザインなので意匠に関する係争となりますが、今回は、『iTunesとKies』に関する、しかもその一部の機能に関するものだったわけです。 多くの人は前者のデザインに関する訴訟だと勘違いしていたのではないか?と感じましたが、記事にもあるように、係争であれば、判例がネットで検索ができます。

line

『どの知財』
具体的な登録されたパテントまたはソフトウェアそのものについてです。今回でいえば、『特許出願番号 特願2003-538957 特許登録番号 4204977』の特許が一体どういったものなのか?です。 これも、記事にあるように、ネットで検索できます。

line

『どのステージ』
地裁・高裁・最高裁のどの段階かということで、地裁の判決だけでは、上訴(控訴・上告)するかどうか、上訴した際にそれが棄却されずにケースとして進行していくのかどうか・・・という事です。

line

Apple信者であろうとなかろうと、Galaxyファンであろうとなかろうと、昨今のニュースにあるような近隣国との関係・問題により『反●●』であろうと、正しい理解できるような報道がなされれば、SNSなどによる誤った情報の拡散はかなり避けられるのではないかと思いますし、SNSの拡散能力を考えるれば、ミスリードされそうなニュースについては、もう少しだけ、重要なポイントを押さえて報道してもらえたらいいのにな、と感じています。

興味ない人は、ヘッドラインだけで判断するから、結局は一緒なのかもしれませんが、自分は、そういった誤りを拡散しないようにと、少しだけ心がけているということで、どなたかの参考になれば幸いです。

-

【謝辞】 本ケースの解説にご協力頂いた、秀和特許事務所 弁理士慶應義塾大学 特任教授の松倉秀実先生に、感謝申し上げます。

Comment(4)

コメント

「どなたか」代表、海外速報部ログの佐藤です。ありがとうございます、そしていろいろごめんなさい。
裁判についてはあやふやな知識で記事を起こすのはこわいので、基本的にロイターを翻訳しているのですが、ロイターの記事も「何に関する」「どの知財」「どのステージ」を毎回押さえているわけではなく、難しいところです。
AppComingも拝読しました。勉強になります。

satoさん

コメント入ってビビリましたw

佐藤さんはごめんなさいすること無いんじゃないかなと思いますけど。
ソースありきですし、昨年のオフラインの時もそうでしたが、背景とかを調べたり理解されているなかでの速報ということで。

でも、松倉先生のようなプロの視点は非常に勉強になります。
素人なので、誤って理解・解釈してしまうことはありますので。

私も、もう少し精進したいと思います。

TETSU

仕組みが違うってことですが、元々音楽プレーヤーからはじまったiTunesと、
後から参入した側としては、とりあえず同期ができればOKってことで実装したものの違いなのかなぁ

PCとiPodの同期だと将来どういう機能が必要になっても大丈夫なように、機能拡張ができるようにいろいろな機能を入れていたと思うけど・・・クラウドとの同期もあるし、もちろん将来どうなるかわからないけどね。

TETSUさん

コメントありがとうございます。

私的感覚としては、Sync自体は昔からあるので、その用途がどうであるか、機能がどうであるか、インフラがどうであるかという「変化」によるものということで、強い特許ではなく、一喜一憂するようなものではないのでは? と見ています。

新規性がないので、ある制約条件を付加することで特許取得に至るということもあるでしょうし(どのような情報を管理するかとかも付帯的な項目ですが、それが特許条件となっていると、それは使っていないと、回避されてしまう。。。特許は公開されてしまうと、回避策を検討されてしまうので、キーを特許化しないでブラックボックス化するといことも多々あると思います。

昔、PtoPの基本特許を取得した友人がいたのですが、明細にISDNの利用を前提とした記述をしてしまったが為に、インターネット時代には活かせないものとなってしまったなんていうケースもありました。


また、海外と国内とのパテントの違いとして、NTTの民営化前などもそうですし、アカデミアの一部が、パテント取らずに公知の事実としているケースが多々あり、他の地域では紛争になっても、日本では特許を仮に取得しても、公知の事実で無効審査されて覆されるなんていうことがありそうな気がします。(ケースは調べていませんが。)

コメントを投稿する