国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

モバキャスNOTTV対応Android搭載7インチXiタブレット『MEDIAS TAB N-06D』:赤外線・防水・おサイフケータイ(Felica)・ワンセグまでも搭載した全部入りPlus

»

NTTドコモが、2012年2月16日に発表したスマートフォン向け放送局『NOTTV(ノッティーヴィー)』の対応Android搭載スマートタブレット端末『MEDIAS TAB N-06D』をご紹介します。

7インチのタブレットは、機種が少ないという現状ながら、『高解像度で防水対応の機種が欲しい』という声をよく聞きますし、その市場はあると考えていましたが、今回発表されたNECカシオモバイルコミュニケーションズ社製の『MEDIAS TAB N-06D』は、待望の防水・防塵対応で、ガラケー機能(おサイフケータイ・赤外線通信・ワンセグ)、音声通話も可能で、モバキャスNOTTVにまで対応した、超フルスペックな7インチAndroid搭載タブレットです。

7インチタブレットで、おサイフケータイを利用するシーンはイメージできませんが、自動改札をタブレットで通過する人を見かける日も、そう遠くはないということになります。

OSのバージョンは、最新のタブレットOS Android3.2(Honeycomb)でも、スマートフォン向けとタブレット向けの統合化バージョンAndroid4.0(ICS=Ice Cream Sandwich)でもなく、Android2.3.6(Gingerbread)という現行の多くのスマートフォンが採用するバージョンとなっていますが、数多くのNTTドコモ謹製アプリが搭載されることからか、それらのアプリがHoneycomやICSに対応するまでは、Android2.3.xの安定したOSでも全く問題は無いでしょう。
(発表会の展示会場にて、NTTドコモの説明員の方に聞いたところ、前述の通り、ドコモの各アプリがICSに対応すればという声も聞くことができました。)

その他スペックについては、7インチで1280x800(WXGA)の高精細TFTディスプレイは、動画閲覧やWebブラウジングに適しており、オーディオもステレオスピーカーとAudysseyという音響技術+SRSサラウンドにより、臨場感の有るサウンド性能があります。

薄さ9.9mmは、防水タブレットとして最薄であり、350gと軽量なタブレットですから、キッチンやバスタイムでも快適に使えるでしょう。

NOTTVのコンテンツ保護の観点から、今回はHDMIインターフェイスの搭載は見送られ、DLNAも搭載していますが、microSD保存されるNOTTVのシフトタイムコンテンツをDLNA経由でTVなどで視聴することはできません。 せっかくのHD(1920x1080)・60フレーム/秒の高解像度に対応したコンテンツということで残念ではありますが、そもそも利用期限のある時限タイプなので、外部出力での録画などを避けたいという意図があるのかもしれません。(未確認です。)

通信系は、Wi-Fiテザリング(アクセスポイントモード)に対応、下り最大75MbpsのLTEサービスXi対応かつFOMAハイスピードで下り最大14Mbpsにも対応しており、Xiエリア外のユーザでも快適な通信が可能な範囲が広がります。 Bluetoothは、最近のMEDIASシリーズのスマートフォンと同様に4.0を搭載し、G-SHOCK連携も可能です。

CPUはAPQ8060・1.2GHzデュアルコアで十分なスペックで、バッテリーの持ちも連続待受470時間・連続通話470分とまずまずで、モバキャス連続視聴時間も320分というスペックです。但し、発表会場の端末は、何台もバッテリー切れになっており、実際には2-3時間程度に留まる可能性もあり、発売までのチューニングが期待されます。

カラーバリエーションがSilver(シルバー)のみというのは少し寂しい感もありますが、他のドコモのタブレット同様ということになります。(今後、女性層などの多様な客層に広く販売したいのであれば、欲しいと思えるカラーバリエーションやデザインが、重要視すべきポイントと考えられます。)

カメラはイン・アウトともに200万画素ということで、一応付いているレベルともいえますが、インカメラが200万画素は、ビデオ通話系での利用を前提とすると、良いスペックです。

現在のドコモの7インチタブレットは、Galaxy Tab 7.0Plusがあるので、スペックを比較します。

機種 MEDIAS TAB N-06D GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D
寸法 高さ 約 120mm×幅 約 200mm×厚さ 約 9.9mm 高さ 約 122mm×幅 約 194mm×厚さ 約 10mm
(最厚部 約 10.1mm)
質量 約 350g 約 345g
Xi
FOMAハイスピード 受信14Mbps/送信5.7Mbps 受信14Mbps/送信5.7Mbps
連続待受時間
(3G/LTE/GSM)
約 470時間/約 470時間/約 450時間 約 1100時間/-/約 960時間
連続通話時間
(3G/GSM)
約 470分/約 590分 約 1200分/約 1160分
メインディスプレイ 約 7.0インチ/横 800ドット×縦 1280ドット・TFT液晶/1677万色 約 7.0インチ/横 600ドット×縦 1024ドット・TFT液晶/1677万色
OS Android2.3 Android3.2
バッテリー容量 3,610mAh 4,000mAh
外部メモリー
(最大対応容量)
microSD(2GB)/microSDHC(32GB) microSD(2GB)/microSDHC(32GB)
外側カメラ機能
(有効画素数/記録画素数)
CMOSカメラ(約 200万/約 190万) CMOSカメラ(約 310万/約 310万)
内側カメラ機能
(有効画素数/記録画素数)
CMOSカメラ(約 200万/約 190万) CMOSカメラ(約 190万/約 190万)

バッテリーの持ち時間の少なさが目立ちますが、ディスプレイ解像度の高さやXi対応などを考慮すると、人気機種となりそうです。

個人的に、最も評価したポイントは、卓上ホルダ(スタンド)が同梱で、且つチルト式で角度を変える事ができる点です。
タブレット端末でスタンドが付属していなかったり、角度が固定であったりということでは、利用シーンを考えて作られた商品とは言えないでしょう。 逆に、充電しながらの利用・視聴が可能であることや、傾きが変えられることで、キッチンではやや上向きに、リビングのテーブルでは立った状態でといった使い分けが想定できます。

実際、XiタブレットGalaxy Tab 10.1は、せっかくの大画面ながらスタンドが付属しておらず、かつ、充電は横向き時の下側からケーブルを挿す必要があるために、充電しながら立て掛けて使用することすらできません。

半透明のパーツが、やや剛性や質感に欠けているように感じられましたが、同梱されることの価値が大きいと、考えていります。

特集

  • mmbi社による日本初のスマートフォン向け放送局『NOTTV』の2012年4月開局およびNTTドコモからモバキャス対応端末2機種発表
    http://app-coming.jp/ja/articles/detail/152
     
  • モバキャスNOTTV対応Android搭載7インチXiタブレット『MEDIAS TAB N-06D』:赤外線・防水・おサイフケータイ(Felica)・ワンセグまでも搭載した全部入りPlus
    http://app-coming.jp/ja/articles/detail/153
     
  • モバキャスNOTTV対応Android搭載スマートフォン『AQUOS PHONE SH-06D』:赤外線・防水・おサイフケータイ・ワンセグまでも搭載した全部入りPlus
    http://app-coming.jp/ja/articles/detail/154
     

関連URL

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する