モバイルを使い始めて30年の筆者が活用しているモバイル機器、モバイルシーンを紹介していきます。スマートフォン、ノートパソコン、PDA、携帯電話に加え、様々なネットサービス(ソーシャル、クラウド、レンタルサーバーなど)、周辺機器(Bluetoothヘッドセット、Bluetoothキーボード)との連動をご紹介します。

ドコモ版iPhoneを入手!嬉しいはずなのですが、何故か、悲しみも半分。

»
モバイルを愛していますか?モバイル情報ブロガーの伊藤浩一です。

iPhone 5s、iPhone 5cが、2013年9月20日に発売になりました。今回の目玉は、端末の機能アップよりも、NTTドコモから発売すること、と個人的に思っています。前回のコラムでその想いを書かせていただきました。



私も発売に早速、ドコモ版iPhone 5sを入手しました。3年間、SIMフリーiPhone 4にて我慢をしてきたので(iPhone 4SとiPhone 5はパスしました)、嬉しいはずなのですが、何故か、悲しみも半分あります。

ドコモ回線でiPhoneが使える、という長年の悲願を達成したはずなのですが、キャリア端末になってしまうと、やはりいろいろと制約がかかってきたからです。

ドコモのアナウンスによりますと、ドコモ版iPhoneは、MVNOのSIMが利用できないこと、iPhone用のSIMはAndroidで通信利用ができないこと、が明らかになりました。

MVNOというと、ドコモの回線を使って、格安の通信定額を提供しているサービスがいくつかあります。日本通信、IIJmio、楽天ブロードバンド LTEなどです。こちらのサービスを利用することで、通信速度やデータ容量を選択することで、月額数百円から定額通信が可能となります。

ドコモのAndroidスマートフォンでは、SIMロックがかかっていますが、このMVNOのSIMカードが利用できました。元々がドコモのSIMのため、認識するんですね。そこで、余ったAndroidなどを、このSIMにて運用することで、安く利用することができます。

この便利なMVNOのSIMを使えないように、今回のドコモ版iPhoneでは、APN設定にロックをかけてきました。まあ、キャリア端末なので、仕様をどうしようと自由なのですが、Androidで利用できることを、iPhoneでロックするという施策が残念です。(ただし、IIJmioは、iPhoneの構成プロファイルを配布することで、このAPNロックに対抗してきたようです。)

次に、iPhone用のSIMが、Androidにて通信が利用できない件です。ドコモの端末は、今まで、XiやFOMAの対応はありますが、基本的には、端末同士でSIMカードを差し替えて利用が可能でした。自分で安い白ロムのドコモ端末を買ってきて、SIMカードを挿すことで利用ができたのです。しかし、iPhone用のSIMカードは、iPhoneでしか利用ができないそうです。この仕様も、残念に思います。

実は、私のドコモ版iPhone 5sのSIMカードを、ドコモのAndroidスマートフォンELUGA Pに挿したところ、通信ができてしまいました。これはドコモの発表と違う結果となりました。利用しても、通信定額になっているかどうかは不明ですが、とりあえず、通信はできています。

ドコモ回線が利用できるiPhoneの最大のメリットは、私としては、FOMAプラスエリアが利用できて、通話品質が良いことなのですが、ドコモ版iPhoneは、FOMAプラスエリア対応しているものの、他の制約が多くなってしまいました。やはり、SIMフリー版で、FOMAプラスエリア対応のiPhoneが欲しい、と思ってしまうのは贅沢でしょうか。

入手したドコモ版iPhone 5sを目の前にして、今後も制約が多いようであれば、SIMフリーiPhone 4に戻ろうかな、と思ってしまいます。嬉しさ半分、悲しさ半分のレポートでした。

Comment(8)

コメント

kenji

私も現在simフリー4s使ってますが、正直なところdocomo5sは待った方がいいですか?

moha

dsで確認したらiphone simにアダプタつけてandroidは大丈夫ですよー とか言われたんですが。 xiなら。
逆が気になるところですね。

なんで?

SIMがどうとか言ってる人…
意味がわかりませんね(´・_・`)

何でわざわざ不便な使い方するのか不思議です。

壊れたら壊れたで代替機借りて修理に出せば良いだけの話。

普段からのバックアップとっていれば問題もないし。

SIMフリーiPhoneユーザー

自分でいろいろ検証した結果も書かずに、他人のサイトの情報だけで記事を書いているね。

参考や引用くらいちゃんと書けばいいのに。
他人への敬意が感じられない。最低。

たろう

2年縛りの後に、MVNOの sim で運用することを考えていたのですが、NGってことですね。いまドコモでガラケーを使っているので、ドコモで iPhone にしようと思っていたのですが、これでドコモを選ぶ理由がなくなってしまいました。AUの方が電波なども良いらしいですし。。。

情報ありがとうございました。

Toshi_sat4

FOMAプラスエリアを調べていてこちらに辿り着きました。
遅レスすみません。

docomo iPhone5sの契約ではSPモードでしか契約出来ず、mopera Uスタンダード、iモード契約は解除されてしまいました。
その契約の状態でdocomo iPhone5s のnano-simにアダプターを噛ませてAndroid端末に差し込むとLTE通信が出来ました。
推定するにiPhone5sのデフォルトAPNはspmode.ne.jpであると思われます。

今まで私が使用していたsimフリーiPhone4sにこのiPhone5sで契約したsimを使って通信を試みたところ、SPモードだとPDP認証で弾かれてしまい、使用出来ませんでした。
追加でmoperaUスタンダード契約が出来れば両方使えるのですが、まだ試していません。(そもそも追加契約が可能かは不明ですが)

正規のdocomo製品だとAPNなどユーザーに触られたくない部分は隠されてしまっていますがそこまで大きな制約というのは思い当たりません。
MVNOのsimも構成プロファイルでAPNを設定すればいいだけの事かと思いますしね。
MVNO事業者はdocomoのエリアを使っている分、他のキャリアよりも明らかにハードルは低いですよ。

masa

5でも5sでも5cでもいいのですが、FOMA契約で通話専用機として使いたいです。インターネットはwifiでつなぎますので。せっかくすべてのキャリアで取り扱うようになったのですから価格だけでなく、利用方法の自由度も競ってほしい。

Yachtty

国内で制限をかけてもらってもまあ仕方ないのですが…

Docomo利用中なのですが、海外滞在が結構ながかったりするのでIphoneに替えて海外ではSIMを現地で購入して使いたかったのですがこれも無理な話なようですね。

結局ワールドワイドに使えるiphoneを、ガラケーにしてしまうという愚策はなんとも時代遅れなおっさんばかりの通信会社の連中だと残念でならないです。

コメントを投稿する