「仮想化」をキーワードに情報インフラの世界を考察します。

Doblogを投げ出したNTTデータの言い訳

»

「これはひどい」と久々に思ってしまったのでエントリーしておきます。

経緯はリンク先のニュース記事に書かれているとおりです。

『DoblogはサーバのHDD障害で、2月8日から閲覧・投稿できなくなった。2月20日以降、閲覧は一部を除いて可能になったが投稿はできないまま。ブログデータは障害発生の前日分まで復旧したが、当日のものは復旧できなかった。

 「障害発生をきっかけにサービスの存続を社内で検討した結果、開設時の目的である、ブログシステムを構築するための技術的知見、コミュニティーサービスを運用・運営するためのノウハウの蓄積は十分達成できた」として終了を決めた。』

どうしてこんなメッセージを発してしまったのでしょうか。こんな上から目線の、しかも子供の苦し紛れの強がりとして受け取れないコメントを聞けば、ユーザーがどのように感じるか容易に想像できるでしょうに。

私自身、実はDoblogを使っていたので、このコメントはとても残念に思います。別に復旧できなかった技術的なことをとやかく言うつもりはないのですが、最後のユーザー対応で台無しにしてしまいましたね・・・・・

Comment(1)

コメント

はじめまして。
私もDoblogユーザーでした。本当にこれは残念な対応だと思いました。Doblogユーザーは、素敵な仲間が多かったので、散り散りになってしまうのが悲しいです。

コメントを投稿する