「仮想化」をキーワードに情報インフラの世界を考察します。

キングソフトが4980円でOffice互換アプリを出した理由

»

中国の大手ソフトウェアベンダーでキングソフト(金山軟件)という会社が、MS-Officeの互換製品を4980円で売り出すというニュースをITmediaで見ました。

これを見て思い浮かんだこと。

「日本人はxx980円という表現に弱い」
「アメリカ人はxx999ドルのような表現に弱い」
「じゃあ中国人は?」

ということで、調べてみました。対象は中国の低価格ノートPC市場。2005年の実績を調べて見たところ、互聯網消費調研中心(ZDC)の発表の中で、各ベンダーの価格が載っていました。

・神丹電脳 3999元
・HP 6999元
・方正科技 5999元
・聯想(レノヴォ) 6999元

どうやら中国人もxx999元という表現に弱いようです。他の国も調べてみましたが、お買い得感をアピールするには、どうやらxx999という表現が大多数です。

どうして日本人だけがxx980というマーケティングに弱いのでしょう。999円より980円の方が歯切れがよいと言う話を聞いたことがありますが、それなら990円でも良いはず。

なにかご存知の方がいれば、教えてください。

ん、気がつけば、キングソフトのオフィス互換製品とはまったく関係ない話になってしまいました。

Comment(5)

コメント

通りすがり

198→「いちきゅっぱー」
999→「きゅーきゅーきゅー」
前者のほうが発音しやすいとか。9は「苦」で縁起の悪い数字とされていましたし。

某社では、xx999だと無意識に四捨五入して一つ上の桁としてみなす。なので子供だましに引っかかっているようで印象が悪い。
とか言われていました。

トイザラスとかで9並びに見慣れて、消費税の影響で99円ショップも増えたから今は変わってきたとは思いますが、有効桁数3桁で表現できるこの様式は美しい気がします。

私も伝聞で聞いただけですが、日本人は999だとあまりにもわざとらしく感じて拒絶反応があり980にすると聞いた記憶があります。
 さらに話がづれて値段の話だと、外国では「○つ買うともう一個がタダ」っていう広告がスーパー内に非常に多いですが日本には皆無ですね。これの理由は私も知らなくてだれか知っていたら是非教えてください。

>外国では「○つ買うともう一個がタダ」っていう
>広告がスーパー内に非常に多いですが日本には皆無
習慣でしょうね。スーツチェーンとかではその手のオファーがありますが。日本だと「x個でx円」という表記が普及していて、新しい表現はややこしいと感じられるのかも。またまとめ買いのレベルが違うというのもあるかも。

なるほど。9を苦に結びつけるのは日本人だけでしょうから、9を避けるというのは無意識にそう考えているのかもしれません。

口に出して発音した時の言い切りの良さも日本語特有の理由ですね。

999という表現をあざといと感じるのは、日本人だけなのでしょうか。謙虚さを美徳とする民族なら、同じ理由で999を避けているのかな。それとも、これは避ける理由を後押しする類になるのでしょうか。

複数個購入すると1個無料というやり方よりも、割引率が高くなるような見せ方が多いですね。昔、私が利用していた店では、「靴下1足500円、3足セットなら1000円」という表現をしていました。これって、外国だと2足買うと1足サービスという表現になるのかな。

コメントを投稿する