プロジェクト、笑い、学び、心に響いた一言。 成長のキッカケ書き留めます。

ケンブリッジ語録#36 先出しすれば「リーダー」だが、後出しになれば「作業者」である

»

僕が勤めるコンサルティング会社、ケンブリッジには、厳しいプロジェクトの現場で生まれてきた「語録」がある。
今回はこれ。

先出しすれば「リーダー」だが、後出しになれば「作業者」である

語録画像.jpg

僕は昔、プロジェクトマネージャーとこんなやりとりをしてよく怒られた。

【後出しのやりとり】
 PM「これやったの?」
 僕「やろうと思ってました」
 PM「思ってたって言われてもね」

本来はこういうやり取りであって欲しい。

【先出しのやりとり】
 僕「ちょっと気が早いんですが、xxが必要だと思っています」
 PM「そうだね。まだ先だけど、xxが終わったくらいにやろう」
 ・・・
 PM「これやってる?」
 僕「いえ、前に話した通り、そろそろ始める予定です」
 PM「ああ、そうだったね、よろしくね」


"まだやってねーよ"という状況はほとんど同じなのだけど、PMからすると安心感が全然違う。
同じことをやっていても、同じことを考えていても、最終的な成果物が同じでも、"先出せる"かどうかで印象が全然違う。

対クライアントでも、対社内でも同じ。

感覚的には「10歩先を考え、3歩先を提案し、1歩先を実行する」という感じだ。


先出しができなければ"作業者"になってしまう

これは安心感というだけでなく、自律主体性にも大きな影響を及ぼす。

常に先回りして、自分の頭で考え提案していかないと、自分でタスクをリードできない。

自分でタスクをリードできないなら、"仕事をしている"とは言わない。
指示された通り"作業をしている"という。

つまり、後出しに回った途端に、言われたことをやる「作業者」になってしまう。だから先出しが重要になる。


先出しするコツ~5秒立ち止まってみる~

先回りするコツはいつくかあるが、一つ紹介するとすると

何かしようと思った時に、5秒立ち止まって、
"今やろうとしている事以外に、プラスα何かをするとしたら?"と考えてみることだ。

例えば「xxさんと会議したいから、スケジュール押さえておいて」と頼まれた時
5秒立ち止まってプラスαを考えてみると・・・

言われたことだけやると「Outlookでスケジュールを確保する」ことになる。
他にプラスαを考えると・・・

  • 会議室も押さえた方がいいかな
  • そもそもこの会議誰が仕切るのか確認しようかな
  • 会議の目的とAgendaを確認して連絡しておこうかな
  • プロジェクターやホワイトボードを用意した方が良いかな
  • xxさんも含めて、1日前にリマインドメールを出そうかな
  • ・・・

という具合だ。

例えば「xxの資料を来週までに作ってくれ」と頼まれた時
5秒立ち止まってプラスαを考えてみると・・・

言われたことだけやると、黙々と資料を作り始めることになる
他にプラスαを考えてみると
 ・期限の前にレビューして貰ったほうがいいかな
 ・そもそも、レビューのタイミングと回数確認しておいた方が良いかな
 ・レビューの仕方はメールでみてもらうのか、対面でフィードバック貰うのかどっちがいいかな
 ・対面だとするなら、レビューの時間を決めて、スケジュール確保しておいたほうが良いかな
 ・印刷をする必要はあるだろうか
 ・・・・

といくつもプラスαが出て来る。お節介を焼くとしたら?と考えても良い。ここでいくつも出てこないのは、想像力が足りない証拠だ。たくさん出てくるなら先出しする素地はできている。


こうして発想したら、次は、"どこまで実行に移すか"を考えればいい。

"考える"ことと、"行動に移す"ことは切り分けて置くのがポイントだ。

行動しなきゃ、が先に立つと思考が狭まってしまう。
行動するかどうかは別だけど、考え得るプラスα≒お節介を想像しておくのである。

考えたことを全部実行に移すと、鬱陶しいヤツになってしまうし、時間がいくらあっても足りなくなるので注意。
まず考えて、選択肢をふくらませる。その上で本当にやった方が良いことだけを実行に移す。ということだ。

作業者から脱したいなら、まずは5秒考える習慣を身につけることから実践してみてはどうだろうか?




Comment(1)

コメント

BSK

そう思うなあ。
「言われてからやる」のは、「言われるまでやらなかった」のと一緒。

コメントを投稿する