エンターテインメント・コンテンツとメディア、ソーシャルネットワークの最新情報を紹介しながら、コンテンツとユーザーの新しい関係について、考えていきます。

「デジタルコンテンツ白書2011」音楽篇を執筆しました。  〜日本の音楽ビジネスの現状と課題〜 (前篇)

»

 経済産業省が毎年、発行する『デジタルコンテンツ白書』2011年版の音楽部分を、

私が書かせていただきました。

 白書は値段が高いので(12,600円)気軽に、買って下さいとは言いにくいですが、

会社の資料費に余裕がある方は是非。もしくは、図書館等でご覧になってください。

 ここでは、概要をご紹介しますね。

 

 まず、全体の要約です。

 

  CD売上げの減少は止まらないが、世界的な潮流と比べれば緩やかである。

好調に売上げを伸ばしてきた携帯向け音楽配信が下降に転じ、新たなビジネス

スキームの構築が必要になっている

 一方、ライブ・エンタテインメントの着実な伸びや海外でのJポップ人気、

「同人音楽」の台頭など、希望を持てる現象もある。

 産業構造やメディアの役割が変わる、新しい時代環境に適した音楽業界の

あり方が問われているのではないか?

 

 こんな風にまとめてみました。

 音楽ビジネスは、インターネットの登場以来、デジタル化の洗礼をいち早く受け

続けている歴史があります。

音楽業界の現状と課題、近未来予測は、他の業界にも応用可能な、参考になる事象

では無いでしょうか?

 残念ながら、ジャーナリストや評論家の方の音楽業界論には、日米をごっちゃに

したような、調査分析不足の内容が見受けられます。

まずは、正確な把握から始めましょう。

 

 

 ●粘り強い日本のCDビジネス

 

 <図表4-4-1>を見てもわかるように、この10年間でCD売上は半減しています。

ところが、<図表4-4-2>を見てください。欧米の落ち込みはもっと壊滅的で、

2008年に日本は米国を抜いて、世界一のCD大国になっています。

 表にはありませんが、2011年度も同年前月比を上回る売上が報告されています。

 

 業界関係者が語る「日本人の国民性がパッケージ好き」という意見には、私は安易

に同調しませんが、丁寧なジャケット制作や特殊パッケージなどは日本独自のノウハ

ウだなと思います。

 粘りの理由は、再販制度(定価で売ること)と特約店制度(CD専門店とレコード

会社の排他的な契約)だと思います。全国規模のCD専門店がある国は、既に日本だけ

です。

例えば米国は、アマゾンとウォールマートで、セレクトショップ的にCD店は点在して

いる状態ですが、これは世界的な傾向です。

 

 4-4-1_4-4-2.jpgのサムネール画像 

 

●たこ壷化したCDシングル市場とオリコンチャートの形骸化

 

 <図表4-4-3>にあるように、2010年の年間オリコンシングルチャートを

「嵐」と「AKB48の2グループで占めたことは、マスコミでも話題になりました。

 CD市場が全体的に地盤沈下したことで、発売週に確実に購入する固定ファンを持つ

アーティストがオリコンチャートの上位を占めるようになっていますが、シングルに

おいては、顕著です。「嵐」は音楽配信を行わないなどの方針、「AKB48」は、イベン

ト連動させた、「複数枚売り」(ユーザーに同じCDを何枚も買わせる手法)の施策を

徹底したことで、チャートを上げました。

 このことは、オリコンシングルチャートが、「多くの人に聴かれ、支持された曲」

の指標としては形骸化していることを意味しています。 

 例えば、YouTubeの再生回数の方が、実情には近いのかもしれません。

デジタルの進歩やユーザーの多様化に対応した新しい指標が必要だと思います。

 

 4-4-3.jpg 

 

●飽和して下降を始めた携帯向け音楽配信

 

 日本の音楽配信市場は、モバイルが9割を占めるという特殊性があります。

これは欧米には無い特徴です。<図表4-4-4>

 異業種が「着メロ」という着信音を音楽にするビジネスで成功するのを横目でみた

レコード会社が(珍しく)団結して、「レコチョク」というプラットフォームをつく

りました。「着うた」は、原盤(レコーディングした音源)権利者の許諾が必要なの

で、レコード会社が優位性がありました。「レコチョク」は着うた市場の7割以上を

占める会社に成長しました。

 ただ、スマートフォンの普及で、従来の携帯電話向けの音楽配信は根本から崩壊し

ます。スマフォは、いわば携帯するPCですから、これまでの着うたビジネスの前提が

無くなります。現に、2010年から売上は落ち始め、今年度になっても、前年同月比に

対して、大幅減が続いているようです。

 

4-4-4.jpg 

 

iPodは売れても、iTunes Storeからのダウンロードは広まらない

 パソコン向け音楽配信

 

 一方、インターネット配信の普及は遅れています。ITジャーナリストや評論家の方

の「日本もみんなiTunesで音楽を買うようになった」という文章を散見しますが、

大きな間違いです。その事は、以前書いたので、興味のある方はこちらをどうぞ。

 日本でiTunes StoreをはじめとするPC配信が広まらなかった原因は、いくつか複合

的に考えられますが、No.1企業のSonyMusicEnterainmentをはじめ、楽曲供給をしない

レコード会社があったことと、日本にしか無い「レンタルCD」という業態の二つが、

大きな原因であると考えられます。

 

 理由はともかく、インターネット音楽配信サービスは、日本のユーザーからの支持が

広まらないまま、足踏みが続いています。

 スマートフォンとiPad等タブロイド型PCの普及が広がり、その影響が注視される

ところです。 音楽配信の今後の可能性については、後述します。 

 

 さて、CD売上は減り、音楽配信も伸び悩む日本の音楽業界は、どうすればよいので

しょうか?それは、次回にまとめます。

 

 

                  山口哲一(音楽プロデューサー・株式会社バグコーポレーション代表取締役)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する