あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

Nokiaタウンの道路案内が「Microsoft」に? NokiaがSymbian/MeeGoアプリの新規受付を年内で終了へ

»

Nokiaが先日、NokiaのアプリストアでSymbianとMeeGoのアプリを公開している開発者に対し、2014年1月1日以降は新しいアプリを受け付けないこと、既存アプリについても更新できない旨を連絡したようだ。なお、既存アプリは引き続きストア上で提供され、ユーザーはこれをダウンロードできる。

Nokiaは2011年のMicrosoftとの提携の下でWindows Phoneベンダーとなり、さらには端末事業部はMicrosoftの傘下に入る予定になっている。それでも、Symbianは2016年までサポートされると思っていた開発者は憤慨している、とThe Registerは報じている。

ところで、フィンランドにあるNokiaという町(Nokia発祥の地といわれている)の道路案内標識が「Nokia」から「Microsoft」に変えられているというニュースが。だれかのいたずらで、上からスティッカーを張ったようだ。フィンランド人のユーモアというべきか。

Comment(0)