あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

女性と男性で色が分かれる携帯電話

»

携帯電話は色も形も(価格も)さまざま。男性にも女性にも必需品の携帯電話だが、どんな携帯電話を好むのかには性別により異なる。

N95_high_gps_05a英国の携帯電話小売店の調査によると、女性が購入している割合が最も高いのが「Nokia 6111」のピンク。74%が女性だったという。同じNokiaでもハイエンドの「Nokia N95」(写真左)は男性が購入する率が最も高く、80%が男性という。

Nokia 6111のほかに、女性が購入する比率が高かったものとして、「Samsung D800」のピンク(73%が女性)、「Samsung E900」のピンク(73%)、「Motorola Pebl」のピンク(72%)、RAZRこと「Motorola V3」のピンク(71%)がある。

男性を見ると、「Nokia 8800 Sirocco Light」(購入者の79%が男性)、Samsungの超薄端末「Samsung X820」(76%)、「Nokia 8800 Sirocco Dark」(75%)、「Sony Ericsson P990i」(74%)が、男性購入比率が高いトップ5となったようだ。女性が選ぶ端末がピンクであるのに対し、男性は黒やシルバーばかりだ。

女性に人気のブランドPradaと組んだLGの「Prada Phone」は、意外にも(?)47%が男性だったようだ。

私の周囲を見ると、N95を真っ先に買ったのは男性だった。ショッキングピンクのRAZR、SamsungのE900のピンクを持っている女性の友人もいる。なるほど、あたっているなあ、と思うけど、私が気になっている携帯電話は男性に人気のよう。

キーワード記事*

NokiaSamsungMotorola

Comment(2)

コメント

tomo

随分久しぶりにコメントさせていただきます。m(_ _)m

男性視点で、個人的には青の似合う携帯がほしいところです。
それなりの落ち着きがありつつ、でもちょっとは遊び心は忘れていないんだぞ、という儚い抵抗ができる微妙な色かな、と勝手に思っています。

色もニュアンスは文字通り色々で、例えば記事で話題にしているピンクにしても、WillcomのWX310Kのノーブルピンクは、店頭で見たときに、これなら男でも持てるな、と思いました。

稀に仕事でお会いする女性とそのお持ちの形態のデザインを見て、「この人、携帯選びに色々と苦心されているのかなあ」と思うこともあったりします。
その方のキャラクターからしてパステルカラーや原色が似合うわけでもなく、またいくら仕事ができる方であっても、単にストイックなカラーもその人を表現しきれていなかったり……。


ただ初代iMACがはやった新人のころに通信機器で個人向けの製品を担当したことがあったのですが、その製品は3色+限定カラー1色のカラーバリエーションを用意されていました。はっきりいって、たかがそれだけの数でも開発/製造側としては悪夢なんですが、身に着けるものとなればこだわりたい。難しいところですね。

そういった点では、Willcomのコンセプトモデルのプラモフォンに期待しています。これなら通信機構と外装が分離されていますから、機械を壊す心配をせずに好きな色にできるし。
ただ、これもプラモデル作りに抵抗のない盛大の意見なんでしょうね。

tomoさん、

末岡です。コメントありがとうございます。

携帯電話の色ですが、これを書いて以来、周囲にピンクが目に付くようになりました。おっしゃるとおり、携帯電話の色や形でその人の個性というか好みが少しわかりますね。確かに、意外だなあという人もいます。スーツ姿が決まっている男性がカラフルなキャラクター入りの靴下を履いていたりするのと同じようなかんじです。

ソニエリが少し前にパステルカラーの携帯電話を出したようですが、携帯電話の色はますますカラフルになりそうですね。

末岡

コメントを投稿する