欧州の視点:ITmediaオルタナティブ・ブログ (RSS) 欧州の視点

あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

10102005_003このところ、モバイルインターネット関係のエントリが続いているが、今回は先週、香港を拠点とするHutchison Whampoaが発表した「X-Series」を紹介する。

Hutchison Whampoaは“3”というブランド名でモバイルオペレータ事業を持つ。3は文字通り、3Gのことでネットワークは3G(WCDMA)のみしか持たず、欧州では英国、イタリア、オーストリアなどで展開している。

サーバーの名称と間違えそうだが、「X-Series」は今後の3のモバイルブロードバンドのベースとなるプラットフォーム。つまり、パケット定額制で、ユーザーは通常の自分の契約プランとは別にオプションとして加入することで、各種データサービスを無制限に利用できる。

日本では珍しくないパケット定額制だが、従量課金が圧倒的主流を占める欧州では革新的なサービスとなる。しかも、VoIPでは「Skype」、IMでは「Windows Live Messenger」「Yahoo! Messenger」、検索を含むインターネットサービスでは「Google」「Yahoo!」、PCへのアクセスに「Orb」、モバイルTVでは「Sling」、オークションの「eBay」とサービスをセットにした。

これに合わせ、「X-Series」対応携帯電話として「Nokia N73」と「Sony Ericsson W950i」が発表されている。

Skypeからみると、Windows Mobileに続くモバイル分野進出となる。通常のSkypeと同様に、Skypeユーザー同士の通話は無料で、SkypeIn/SkypeOutも利用できるようだ。なお、IDC News ServiceのNancy Gohringさんの記事によると、現時点では「Nokia N73」しかサポートしていないというが、「X-Series」のWebサイトではW950iでもいけそうな様子。どうなんだろうか?

3は、欧州では3Gサービスを最初に開始した(それも、2003年3月3日)挑戦者で、今回の「X-Series」も、自分たちがモバイルインターネットを開拓するという意気込みが見える。同社によると、今後200億ドルをこの分野に投資していくという。

3のローンチから1~2年は、「まったくの新規参入で、しかも3Gのみを提供するモデルで成功するのだろうか?」と批判的な向きもあったようだが、少しずつ少しずつ、シェアを侵食してきている。現在、英国のユーザー数は320万人。3の強みは、ユーザーが全員3Gを利用していることだろう。今回の「X-Series」のようなサービスも、まだまだ2.5Gが主流を占めるVodafoneやOrangeなら“まだ機が熟していない”と判断するところではないか。

X-Seriesは英国で12月1日より、それ以外の市場では来年1月より開始する予定。価格は、現時点では発表されていない。

ちなみに、Vodafoneら大手はeasyMobileの英国市場の(一時)撤退を受け、今後オペレータの統合が起きると予言、VodafoneのCEOは3の獲得に関心を示したと報じられている。

*写真は、ロンドンにある3ショップ

sueoka

Special

- PR -
コメント

コメントを投稿する
メールアドレス(必須):
URL:
コメント:
トラックバック

http://app.blogs.itmedia.co.jp/t/trackback/77444/6650436

トラックバック・ポリシー

  • 3グループで携帯Skypeかけ放題プラン(Skype 日本語ブログ)
    携帯電話サービスをヨーロッパ、香港などで展開する3(Three)グループが先日、携帯でのSkypeかけ放題プランを発表しました。ThreeのX-Seriesでプランを選び契約すれば、定額制でインターネットやSkypeを使い放題というもの。Computer WorldやITメディアでも日本語で紹介されています。UKブログ関連エントリーはこちら。 追加で専用の機器やソフトを使えば、外出先からテレビや家のPCへのアクセスも可能だそうです。まず英国で12月、その後展開先を広げていく予定。日本のMyloやW...

» このブログのTOP

» オルタナティブ・ブログTOP



プロフィール

<!-- include:/eu/profile_name.html -->末岡 洋子<!-- /include:/eu/profile_name.html -->

末岡 洋子

欧州在住、フリーランスのライター兼ジャーナリスト。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
最近のトラックバック
カレンダー
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Special オルタナトーク

2014年に向けて

カテゴリー
エンタープライズ・ピックアップ

news094.gif 顧客に“ワォ!”という体験を提供――ザッポスに学ぶ企業文化の確立
単に商品を届けるだけでなく、サービスを通じて“ワォ!”という驚きの体験を届けることを目指している。ザッポスのWebサイトには、顧客からの感謝と賞賛があふれており、きわめて高い顧客満足を実現している。(12/17)

news094.gif ちょっとした対話が成長を助ける――上司と部下が話すとき互いに学び合う
上司や先輩の背中を見て、仕事を学べ――。このように言う人がいるが、実際どのようにして学べばいいのだろうか。よく分からない人に、3つの事例を紹介しよう。(12/11)

news094.gif 悩んだときの、自己啓発書の触れ方
「自己啓発書は説教臭いから嫌い」という人もいるだろう。でも読めば元気になる本もあるので、一方的に否定するのはもったいない。今回は、悩んだときの自己啓発書の読み方を紹介しよう。(12/5)

news094.gif 考えるべきは得意なものは何かではなく、お客さまが高く評価するものは何か
自社製品と競合製品を比べた場合、自社製品が選ばれるのは価格や機能が主ではない。いかに顧客の価値を向上させることができるかが重要なポイントになる。(11/21)

news094.gif なんて素敵にフェイスブック
夏から秋にかけて行った「誠 ビジネスショートショート大賞」。吉岡編集長賞を受賞した作品が、山口陽平(応募時ペンネーム:修治)さんの「なんて素敵にフェイスブック」です。平安時代、塀に文章を書くことで交流していた貴族。「塀(へい)に嘯(うそぶ)く」ところから、それを「フェイスブック」と呼んだとか。(11/16)

news094.gif 部下を叱る2つのポイント
叱るのは難しい。上司だって人間だ、言いづらいことを言うのには勇気がいるもの。役割だと割り切り、叱ってはみたものの、部下がむっとしたら自分も嫌な気分になる。そんな時に気をつけたいポイントが2つある。(11/14)

news094.gif 第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(11/8)

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ