あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

専用アプリを入れて携帯端末で固定電話を利用、仏ISPの新サービス

»

フランスの2番手ISP、Neuf Cegetelが4月25日、携帯電話サービス「Neuf Mobile」および「Neuf Talk Mobile」を発表、フランス初の“クアドラブルプレイ”と主張している。

「Neuf Mobile」は同社の加入者向けの携帯電話サービス。同じく2番手の携帯電話オペレータの仏SFRの回線をMVNO(仮想移動体通信事業者)として利用する(SFRは、Neuf Cegetelの出資会社でもある)。やはり料金の安さがウリで、端末は1ユーロから、利用料金は、たとえば月額21.9ユーロ(1時間30分通話)からとなっている。このほか、Neuf経由の自分の固定電話と携帯電話間は無料などの特典もあるようだ。このNeuf Mobileにより同社は、ブロードバンド、TV、固定電話に加え、携帯電話サービスも提供することになる。

これよりも気になるのは、「Neuf Talk Mobile」だ。同社は、PCにインストールすることで、どこでも固定電話を利用できる「Neuf Talk」というSkype似の専用アプリケーションを加入者に提供しており、「Neuf Talk Mobile」はこれのモバイル版となる。これをスマートフォンやPDAなどの携帯端末にダウンロードすれば、WiFiアクセスポイントのあるところで電話を受発信できる。ちなみに、電話がかかってきたときは、(もちろん)家の固定電話もなる。

以前のエントリに書いたように、フランスの多くのISPは固定電話からの国内固定電話向け通話(一部国際電話)を無料としており、この「Neuf Talk」および「Neuf Talk Mobile」も、この料金が適用されるようだ。つまり、仏国内の固定電話に電話をかける場合、ユーザーは利用する有線・無線インターネット回線にのみ料金を払うことになる。

WiFiアクセスポイントだが、もちろん街中のアクセスポイントで利用できるが、同社はコミュニティ活動として「Neuf WiFi」を展開、ユーザーが無料で利用できるアクセスポイントサービスを提供している。すでに、主要駅などで利用でき、今後は他のWiFiアクセスポイント事業者と提携し、数を増やすという。同日、スペイン発のWiFiローミング、FONとの提携も発表しており、6月よりFONのアクセスポイントも利用できるようだ。このように無償で利用できるアクセスポイントが増えれば、このようなサービスは使い勝手があるだろう。しかもFONは現時点で世界30カ国・約3万2000箇所のFONアクセスポイントを持つというから、うまくいけば、海外にいながら携帯端末を使って無料で電話できることになる。

わたしのISPはNeuf Cegetelではなく、実際にこれらのサービスを使ってみたわけではないが、なかなか興味深いサービスだと思う。料金、内容ともに似たり寄ったりのISPサービスだが、ここまでくると乗り換えようかな、という気にもなりそうだ。同社は、昨年競合同士が合体した会社で、当時描いていた戦略を着実に実行に移しているようだ。

このように、固定と携帯の両方で展開しようとすると、自分が持っていない方(固定のNeuf Cegetelの場合は携帯網プロバイダのSFR)と関係があるかどうかは重要な要素のようだ。ちなみに、仏最大手のFrance Telecomも、Wanadoo(ISP)、Orange(携帯電話オペレータ)を持っている。

05122005_023_sここからは余談となるが、Neuf Cegetelが提携したFONは、昨年秋よりスペインで立ち上がった“運動”だ。自分の無線LANルーターにインストールすることで、他のFONユーザー(“フォネラ”)とアクセスポイントを共有するもので、フランスでは、昨年末に正式にスタートした(ここを参照)。

ひさしぶりにFONのサイトを見てみると、日本語サイトも一部立ち上がっているようだ。FONそのものもユニークな活動だが、そのFONを立ち上げたMartin Varsavsky氏は、その経歴はもちろん、外見も非常にかっこいいおじさんだ。昨年12月にパリで開催されたイベントでインタビューをする機会があったのだが、話がおもしろい(かといって、多弁ではない)のに加え、スニーカーが実に似合う! 私は女性なので「おじさん」にはなれませんが、こういう「おばさん」になりたいと思いました。

Comment(18)

コメント

warszawa

FONの人気はどんな具合ですか?
日本でも、ほんのちょろっとですけど、はじまりそうです(笑

http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20102387,00.htm

日本では携帯電話がなくなってしまうと危惧してる人もいるようですけどね。
もう、そんな時代がはじまるのかもしれません。

warszawaさん、

FONは、フランスではそれなりに来そうですよ。パリには以前からWiFi普及団体があり、無料で使えるホットスポットがユビキタスにあることを目指して活動しているようです。なので、フランスには、FONのような構想を理解する土壌があると思います。まだ「街中で見かけます」というレベルではないですが、やはりブロガーの口コミで広まる気がします。

このNeufの新サービス発表でも感じましたが、携帯電話オペレータが既存の事業モデルを変えないといけない時代は、思ったより早く来そうです。

末岡

warszawa

お久しぶりです。

日本もこんなふうになってきてはいますが、

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060411/235023/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060411/235059/

どうもISPはあまり歓迎していないような感じなんです。
日本は携帯電話の料金が高杉なんで、消費者のひとりとしては、それじゃ困るのですけどね。
この件、何かわかることがあればお知らせします。

warszawaさん、
お返事が遅れました。

FONは、ISP戦略をとると思います。Varsavsky氏はそう明言していました。

FONは、ユーザーとISPの関係や契約を脅かすものではないですよね。でも、ISPはFONの仕組みをきちんと理解しないと、損する気がすると思います。それで後ろ向きになるのだと思います(いま風にいうと「Web 2.0的な考えを理解しないと・・・」になるのでしょうか?)。

末岡

そういえば、ポーランド・クラコフでオープンソース周りのイベントがあるようですよ。

warszawa

日本のISPは保守的ですからね。電話会社のWiMAX戦略に対抗してWiFi戦略を打ち立てるといった気力が欠けているのかもしれません。そんな悲しい日本では、「SkypとWiFiでがんばるぞ!」と言い出すのがライブドアだったりするわけですよ(笑

クラクフですか、、、
懐かしいですね(笑

確かに、日本のISPは保守的かもしれませんね。分野が重なってきていて、同じ系列会社と競争しにくい事情もあるのかも。

欧州にかぎって言うと、陸続きなので隣の国のISPも入ってきます。競争はかなり激しいと思います。固定と携帯が融合するNFCになると、もっとぐちゃぐちゃになってくると思われます。スカンジナビアの企業がスペインで固定電話サービスも利用できるNFCを提供するとかいったこともあるのかも知れません。

末岡

warszawa

日本の場合、テレビの民放も新聞社の系列ですからね。
ISPだけを責めるのは酷なんですけど、困ったものだとは思います。
ところで、WiMAXのほうはどうなんですか?
普及しそうな気配ですか?
僕はWiFi派なので、ヨーロッパでWiMAXが普及するようであればがっかりなんですけどね(笑

WiMAXへの関心は高いと思います。携帯電話オペレータはちょっとびくびくしているかもしれませんが。WiFiに関してですが、ものすごく急速に普及し、成功しているので、短期的にはWiFiのアクセスポイントが減るようなことはないと思います。

パリでは、手ごろにインターネットサービスを提供することから、WiFi対応のホテルが増えています。固定ブロードバンドが遅れた分、WiFiはとびつきが早かったといってよいと思います。固定網プロバイダは概してWiMAXに積極的で、買収も見られます。

多くの携帯電話オペレータがWiFiアクセスポイントを提供していますが、WiMAXではどうするんでしょうね。WiFiアクセスポイント事業が成功したT-Mobileは、WiFiアクセスポイントはこれまでのペースでは増やさないようで、HSDPAに投資する戦略のようです。

末岡

warszawa

ヨーロッパでは、WiFiは携帯電話オペレータのサービスになっているのですね。するとISPは携帯電話オペレータからアクセスポイントを借りてインターネット接続をサービスしているのでしょうか?
政府に電波を割り当ててもらう必要があるという理由から、WiMAXは今後の携帯電話オペレータの主要なサービスとなるでしょう。それに対してISPがフリーなWiFiで格安サービスを展開するというのが僕の読みなんですけど、間違ってるかもしれないですね。

なんだか、日本でヨーロッパ以上によい環境がつくれそうな気がしてきました(W

WiFiアクセスポイントは、専業事業者、携帯電話オペレータが提供していますね。携帯電話オペレータは専業事業者と提携している可能性もあると思います。固定網ISPで、公共でアクセスポイントを提供するというのは、あまり聞かないです。
欧州におけるWiMAXですが、固定網オペレータと専業事業者が乗り出す、というのが無難な読みのような気がします。
日本は新規参入の動きが気になりますね。NTTは分割時の規制の関係でできないこともあるような気がしますが、どうなんでしょう?
末岡

warszawa

末岡さん、ありがとうございます。
WiFiアクセスポイントだけをサービスする専業事業者さんがいるんですね。もちろん、ISPフリーですよね(笑
日本の場合、バーガーショップやコーヒーショップのチェーン店ではWiFiが使えるい場合がありますけど、特定のISPユーザだけしか使えなかったりします。もっとも、僕はマンガ喫茶ばかり行っているので、最近の傾向はわかりません(笑
日本でもWiMAXはこれからですが、キャリアビジネスのひとつになってしまうような気がしますね。第二のPHSみたいになってしまうんじゃないでしょうか。
NTTもWiMAXをやるでしょう。もっとも、支配的事業者ということで、お上の世界では熱い議論が交わされていますけどね(笑
とりあえず、以下のURLをご覧になられるのがいいでしょう。アメリカ合衆国政府までパブリックコメントを出してます。「ブッシュ大統領と小泉総理の間で取り交わされた、、、」なんて言いながら(笑

http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060515_2.html

リンク、ありがとうございます。後ほどじっくり読みます。

レストランやホテルなどの公共WiFiアクセスポイントが特定のISPユーザーしか使えないというのは、あまりメリットがないですね。使いたいと思ったときにクレジットカード決済(かスクラッチカード購入)ですぐにインターネットが使えます。無償ならなおさらよいですが。

少し前、別件の取材で、パリで無償でインターネットが使えるところを探し回ったので、こんどこのブログでも紹介します。

末岡

warszawa

ホテルにはたいがパソコンが備え付けてあって、たいがい10分100円とかで使えるようになってますね。無料で使えるホテルもあるにはあります。
日本のもんだいは、アクセスポイントという考えがあっても、公共アクセスポイントという考えがないということでしょう。無償でインターネットが使えるところの話、ぜひお願いします。

なるほど。参考になります。
公共アクセスポイントが根付かないのは、セキュリティの問題でしょうか。

パリの無料インターネットスポット、近いうちにこのブログで紹介します。

末岡

warszawa

「公共アクセスポイント」という考えが希薄なのは、少なくともセキュリティーの問題ではないですね。今の日本の通信業界は、「公共」という言葉を使うことさえ、「古くさい」という感じです。NTTの社長が「株主の利益が、、、」と言ってるくらいですから(W
過去のファミリー体質があまりにひどすぎたので、それへの反動ということもあるでしょう。一概に責めることはできません。
僕じしん、「公共アクセスポイント」と「アクセスポイント」の区別がちゃんとできないまま、これまで末岡さんのリポートを読んでいました。「公共アクセスポイント」について、たくさん教えてください。期待してます。

warszawaさん、ごめんなさい。「公共アクセスポイント」という言葉、誤解を招いてしまいました。「公衆」に言い換えます。

もちろん、公共機関が無償で提供しているアクセスポイントもあるのですが、コメント中は主として、ホテル、レストラン、空港など「公衆の場」で誰もが自由に(有料の場合お金を払えば)利用できるアクセスポイントすべてを意味しています。このような公衆の場でアクセスポイントを提供する事業者がおり、携帯電話オペレータもプレイヤーの中に入っているということです。

末岡

warszawa

公共ではなくて公衆だったんですねw
日本では、ライブドアが月額500円強の料金で23区内であればどこでもWiFiでインターネットが利用できる環境を構築する作業をやりはじめました。ところがしばらくして、ホリエモンが逮捕されてしまい、宙づり状態になってしまっています。USENの宇野社長がライブドアを買収されたので、もうしばらくしたらプロジェクトが再スタートするかもしれません。そしあたり日本では、「公衆ホットスポットへのチャレンジ」となると、それくらいでしょうか?
日本の場合、携帯電話オペレータが強すぎますね。もっとも数年後には、あっと驚くくらいに力を落としているかもしれないですけどw

warszawaさん、

公衆と公共の件、大変失礼しました。

日本は携帯電話オペレータが強いですね。オペレータと端末メーカー、コンテンツプロバイダの関係を外から見ると、一種の王国のように見えます。こちらでは、iモードの成功がいまだに神話となっていますが、その後に続こうとしたVodafoneはいま逆境です。

どうやら、オペレータ対端末メーカー、第1ラウンドは端末メーカーの勝ち、という雰囲気になってきました。

末岡

コメントを投稿する