あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

Apple Store Regent Street訪問記

»

日本ではAppleStoreの開店ラッシュが続いているようだが、欧州では英国のみ。英国には計6店のAppleStoreがあるが、フラッグシップ的存在なのが、かのOxford Circus地区にあるApple Store Regent Streetだ。先日ロンドンに行った際に、Appleの英国チームに案内してもらった。

13012006_005_1 2004年秋にオープンしたApple Store Regent Street店。
英国王室に属していたこともある由緒ある建物を改造したという。元々の建物では、入り口は中央のドアのみだったのを、左右にもガラスを入れ込み改造した。外見はクラッシック、なのに中に入ると白、黒、シルバー感を基調としたAppleらしさが出たインテリア。このセンスには改めて脱帽。

中に入ると、まずは自然光のようなやわらかい明るさに驚く。左右にはiPodやiMac、iBookなどが自由に使えるコーナーが広がっており、中央には透明の階段が続いている。

13012006_044_s 13012006_040_s

iMacやiBookの前には、インターネットカフェ代わりにメールをチェックしたりブラウザを利用する人がおり、iPodをしげしげと見つめながら音楽に聞き入る人も。いやみのない程度に黒のTシャツを着たスタッフが常駐しており、サポートしている。階段の裏手に回ると、レジがずらりと並ぶ。最新のiPodの発売日などの日には、長蛇の列になるらしい。

13012006_049_s_1 13012006_065_s

2階に上がってみると、まずはセミナースペースが広がる。私が訪問したのは平日昼で、iLifeのセミナーが行われていたが、The BeatlesやOASIS、Cold Playを生んだ英国らしく、地元ミュージシャンを招いてイベントを行うことも多いらしい。そんなときには、Macユーザーに関係なく音に敏感なロンドンっ子たちがうわさを聞きつけ、数ブロックに渡る列を作って開店を待つのだそうだ。

2階にはかのGenius Barもあるが(ここにも長い列ができていた)、名物はThe Studio。日本のApple Storeにもあるらしいが、The StudioはRegent Street店で初登場したスペース。CGクリエイターなどよりクリエイティブなことにMacを使いたいユーザーを支援するところだ。地元CGアーティストたちの溜まり場的な存在になっているという。

13012006_038_s_1 13012006_021_s_1
Genius Bar The Studio
13012006_015_s 13012006_013_s
2階にはアクセサリ売り場も。
iBook用のこのかばんが気に入った!

Apple Storeは欧州でも拡大を計画中だが、どうやら次はイタリア・ローマになりそう。すでに地元スタッフの採用活動を開始しているらしく、ローマ店開店のニュースが舞い込んで来る日は近そうだ。なお、開店のうわさがあるのになかなか実現しない仏パリでは、場所探しに苦労しているとのこと。スタッフによると、Appleでは、このRegent Street店をはじめ、場所をどこにするかを非常に重要視しているそうだ。

Appleによると、Regent Streetは想定どおりの成功となったようですが、意外な効果もあったようで・・・・・・。何でも、デートエージェンシーが、初めてのデートや最初の待ち合わせ場所としてこのApple Store Regent Streetを勧めているらしいのです。その理由は、かっこいい、遅くまで開店している、話に困っても音楽やコンピュータでごまかせるなど。わかるような気がします。

Comment(2)

コメント

ひでぞう

ヨーロッパの雰囲気が伝わって画像も多くていい感じのブログですね。私にはちょっと難しい話が多いですが、時々読ませてもらってます。ヨーロッパに詳しい方との末岡さんとのコメントのやり取りも興味深いものがありますね。

ひでぞうさん、

コメントありがとうございます。
欧州は観光地としては有名ですが、それ以外の面を伝えていければと思います。

今後ともよろしくお願いします。

末岡

コメントを投稿する