あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

過労死に驚き、アランコックスに感動したLinuxWorld London

»

先週、英ロンドンで開催された「LinuxWorld Conference & Expo London」に参加した。Alan Cox氏、Klaus Knopper氏、Mark Shuttleworth氏などが2日間に登場、フォーカスもしっかりしていたイベントで満足した。

karoshi_sセッションばかりに参加していたので、ほとんど会場を回れなかったのだが、お手洗いに行く度にその前を通っていた「Karoshi」という団体が気になっていた。どう見ても、日本語の「過労死」だろうなあ、と思いながら、最終日、もう店じまいというときにやっと声をかけることができた。

21歳のJoさんによると、やはり語源は日本語の「過労死」だった。ロンドンから少し離れたケント州にある男子校でネットワーク管理者を務めるJoさん、1年前にオープンソースのネットワーク管理ソフトを作成し、負荷に耐えられるようにとこの名前をつけたのだという。

「過労しても働くっていうところがぴったりだったから」とJoさん。「過労死って、過労した後に死んでしまうんだけど・・・」と(やめておけばいいのに)教えてあげたら、残念そうな顔をしていた。

このソフトウェアのデモを見ることができなかったのですが、「コンソールを使うことなく簡単にネットワーク管理ができる」のが“うり”なのだそうです。

写真は、Joさん(右)と、Joさんの勤める学校の生徒2人。

alan_s Alan Cox氏。デスクトップLinuxについて講演した。ものすごく腰が低い人でした。デスクトップLinuxはMicrosoftと対抗できる?ーー「Eventually(最終的には)」。
knoopix_s Klaus Knopper氏。「私はコンピュータが使えないんだ。Windowsのインストールに成功したことがないことが、Knoppixをはじめたきっかけ」と語る。
mark_s 月旅行でも知られる南アの富豪Mark Shuttlewort氏。最新のUbuntuは今月13日にリリース。熱狂的なファンが多いのか、スピーチ後の拍手がものすごかった。
redhat_s プレスルームで発見したRed HatのMichael Tiemann氏。Alan Cox氏とセッションがバッティングしていたため、聴講できず。
Comment(3)

コメント

かわかみ@

過労士、過労師ね(^^)
あまり広まってほしくない日本語です。
以前だとサーバー名にCPUの愛称?からとったTSUNAMI、SOYOKAZEなんてありました。先年の被災のあとでは趣味が悪いです(10年も前ね)
米国の大学のサーバーだったがたぶん日本人がいたんでしょう。

かわかみさん、ありがとうございます。

Osconでは「Aikido」というのを見かけました。

おもしろい!
気に入りましたわ!
今度から、
更新していきます。
よろしくお願いします。

コメントを投稿する