Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

蒼姫ラピスがiPhone/iPadにやってきたので歌ってもらった

»

 ヤマハから、iVOCAOIDの新しい音源が発表されました。 蒼姫ラピスです。iVOCALOIDは、Windows用にしか提供されていないVOCALOIDの簡易版で、17小節までの歌声をiPhone/iPad上で編集し、出力することができます。編集パラメータは少ないのですが、そのぶん使いやすく、VOCALOID Editorは難しすぎるという人にもいじれるものです。

 これまではVY1、VY2という、キャラなしの女声、男声データベースだけだったんですが、今度は萌えキャラ付きです。声も萌えてます。かわいい女の子の声。いや、VY1も十分に可愛らしいんですけど。

魅力あふれる女性声によるおしゃべり声や歌声の合成が楽しめるアプリ
iPad/iPhone向けアプリケーション
『iVOCALOID 蒼姫ラピス』
『VocaloWitter 蒼姫ラピス』

 ただいま、iVOCALOID 蒼姫ラピスは1000円(通常価格は2400円)、VocaloWitter 蒼姫ラピスは250円(通常価格は600円)の大特価提供中。これとGarageBand、iMovieを組み合わせたとしてもたった1900円でボカロPをはじめることができるのです。

 ニコニコ動画への投稿もできます。ほら。

 これは、iVOCALOID 蒼姫ラピスで作成した歌声を、GarageBand for iPadの音声トラックにAudioCopy/Pasteしたものを、iMovieに吐き出し、画面キャプチャを編集してムービーにしたものを写真ライブラリに保存。そこからSafari経由でニコニコ動画に投稿したものです。

 これ自体は短いものですけれども、歌声作成、オケ作成とミックス、動画編集、にこにこ動画への投稿という、ボカロ曲作成の一連のプロセスはできちゃうわけです。

 いつのまにか、iPad/iPhoneからもニコニコ動画への投稿ができるようになっていたんですね。iOS 6からは、アプリだけでなく、ブラウザからも写真ライブラリやミュージックライブラリへのアクセスが可能になったので、すでに対応していたわけなんですね。もっと早くやっておくべきだった。これまではiPhone/iPadからの投稿先はYouTubeがデフォルトだったのですが、これでニコニコ動画への可能になったというわけ。

 ちょうどいい具合に、ヤマハでは「『iVOCALOID 蒼姫ラピス』『VocaloWitter 蒼姫ラピス』発売記念コンテスト」というのを12月7日から始めるんです。さあ、ボカロPになってみませんか? iPhoneやiPadを持っていればたった1900円でなれるのです。

 そういえば、この青姫ラピスのiVOCALOID登場に合わせ、VY1・VY2版ともに、300BPMまでの発声がフルにサポートされるようになっています。これまではリバーブが使えないとかあったのですが、それもなくなっています。

追記:KORGから往年の名機、PolysixをiPadで再現したiPolysixが出たので、これも買わなくちゃ。これが1300円なので、合計3200円になります。これもすごいよなあ。

追記:同じように、iPhoneからも投稿してみました。こちらはiPhone版のiVOCALOIDラピスとiPhone版GarageBandで作成し、動画をiMovieで編集し、iPhone Safariで投稿したものです。はニコニコ動画をPCモードにしなければなりませんでしたが、無事に投稿できました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する