Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

MacでMMDAgent(MMDAI)が動いた!

»

 名古屋工業大学のプロジェクト「MMDAgent」が去年のクリスマスにオープンソース公開されましたが、そのソースからフォークした、QtベースのMMDAIを開発する方が現れ、昨日、GitHubが公開されました

 ただしソースの公開であるため、Qtなどの開発環境が必要。ぼくらのような一般Macユーザーにとっては敷居の高いものだったので、開発者しまぴょんさん(@hikArinCL2)にお願いしたところ、Mac OS X用のバイナリを公開していただけました(ダウンロード先リンク)。

 しまぴょんさんによれば動作環境が64bitに限定され、まだ開発版であり、動作が不安定とのことですが、わたしのiMac(Core 2 Duo 2.4GHz、4Gバイトメモリ、Mac OS X 10.6.6)環境では動作しました。

Qtmmdai

 ためしに、いま話題いまいちさん Ver1.0のPMDファイルを読み込んでみました。無事に動作し、グリグリ動かすことができます。

 Lat式ミクも読み込んでみました。ウィンドウサイズを若干拡大。モーションはメニューから「Add Motion」→「Insert to the Selected Model」で.vmdファイルを選べばOK。ちゃんと動いてくれました。

Latmiku

 すばらしい! 音声系の実装はこれからだそうですが、非常に期待しています。#MMDAgentのハッシュタグとは別に、この#MMDAIハッシュタグもウォッチしておきたいですね。


3pmd

 モデルを移動させる方法が分かったので、3人を並べてみました。壁も読み込みました。モデルの移動は、Command + ドラッグです。Lat式ミクといまいちさんは左右上下に動かすと、ツインテールとスカートがひらひらします。

 さらに、ボカロレボリューションのキャラ、CULのMMDファイルが公開されたので、それも読み込んでみました。


Culmmdai

※2011-12-08 最新版で大きくユーザーインタフェースに変更があったので、使い方についてはこちらを参照ください

Comment(1)

コメント

お初にお目にかかります。takekura280と申すものです。
下記のブログで、
松尾様の記事を紹介させていただきました。

MMDAIの紹介 - MMDAgentクロスプラットフォーム化プロジェクト
(http://blog.goo.ne.jp/takekura280/e/e61b6813995ee4b21285c7eb411eb034)

修正したい点・削除したい点等がございましたら、
先のブログのコメント欄にて、
ご遠慮なくお申し付けください。

以上です。よろしくお願いいたします。

コメントを投稿する