Mac、iPhone、iPod、VOCALOID、DTM、楽器、各種ガジェット、自転車、メディアなどの情報・雑感などなど

iPadにつながる超小型Bluetooth折り畳みキーボード

»

非実在iPad青少年に、iPadとBluetoothキーボードとの接続を試してもらった。Wireless Link Foldable Bluetooth Keyboardという、製品名なんだかただの製品説明なんだからわからないが、メーカー名はmicro innovations。

リュウドのBluetoothキーボードと同じく2つに折り畳む構造なのだが、サイズはひと回り小さい。ファンクションキーもたくさん用意されている。もともとMac対応と書かれていることもあり、Commandキーもある。当然ながらAltキーもある。

で、iPadへの接続を試してもらった。iPadの設定画面アプリでBluetoothキーボードをオンにして設定する。キーボードをうまく見つけてくれないときにはCommand + Findというキーコンビネーションを使う。

 「MP-0118+ Keyboard」として認識したら、パスキーをキーボードから入力するいつもの方法。数字をいれるので、赤いNumボタンを押してから数字を入力する。

すると、ちゃんと外付けキーボードとして認識するようになる。よくみると、スペースキーがギザギザになっている。少なくともスペースバーの打ち間違いは少なそうだ。

困ったのが、デフォルト言語が英語であること。日本語モードにする方法がわからん。純正キーボードであれば、かなキー一発でいけるのだが。そこで漢字Talkの昔を思い出し、Command + スペースでやってみると、無事に切り替えることに成功。

Commandキーがあるってことは、Command + C、Command + VなどのMac的キーボードショートカットが使えるということでもある。著しく作業効率が上がりそうだ。

これで非実在iPad青少年は省スペースで軽量なBluetoothキーボードを手にいれたことになる。このキーボードは横幅がちょうどiPadの長い方に収まるくらい。ちょっっと狭いが、十分にタッチタイピングが可能だ。

面白いのが、パッケージの写真が、このキーボードとiPhoneをつなげてみたものになってるところ。おいおいそれはiPhone OS 4からだろ!

Btkeyboard

なお、このキーボードと同種のものが、ヤフオクで買えるようだ。価格も安い。リュウドをはじめとする国内メーカーもがんばってほしいものだ。

以上、非実在iPad青少年からのレポートを転記してみました。

追記:micro innovationsのBluetoothキーボードにはもう1つ長所がある。単4乾電池1本で動作する点だ。その分軽量になるということでもある。本体は155グラム。

関連記事:
iPadのソフトウェアキーボードを使ってみて
iPad+ワイヤレスキーボードを試す。折たたみキーボード編(iPhone FAN)これは、リュウドの「RBK-2100BTJ」を試したようです。別のリュウドBluetoothは認識しなかったのですが、これは認識できたみたい。ただ、日本語キー配列の切り替えができなかったようです……。Win(Command)+ スペースでできたようですね。よかったよかった。

Comment(6)

コメント

まちゃ

はじめまして.

これって,スペースキーってどうなってるんでしょうか??

koya

中央下のギザギザになっているところ(2つに分かれている)のどちらを押してもスペースになります

さらしな

こんにちは
Cmd+スペース(ぎざぎざ)を行っても日本語にならないのですが
原因何かわかりますでしょうか><

koya

ぼくのところでは再現できないのですが、ちょっと思いつきません。ホーム画面の設定アプリでキーボードの日本語をオンオフしてみるとかどうでしょうか

さらしな

アドバイスありがとうございます。
IPHONE 3Gの keyboard demoソフトで行っているソフトの原因かもしれず
再度挑戦してみます。 IPHONE4+このキーボードでのタイアップなんとか実現したいです

harada

解決済みだと思いますがたぶんiPhone側の設定でローマ字キーボードを追加していないんだと思います

コメントを投稿する