Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

【Sinsy】「花紀行」を勝手にうたってもらった【荒井由実】

»

 先日公開された、HMMベース歌声合成システムSinsyを使って、自分でも試してニコニコ動画に投稿してみました。

 MusicXMLはFinale NotePad(1050円)で、荒井由実「花紀行」の最初のところだけ書いたものを、MusicXMLで出力し、Sinsyに読み込ませています。

 オリジナルキーだとf001さんの音域からはずれるので、あらかじめ移調させたものを、Sinsy側のピッチシフトで戻してあります。

 Sinsyでは音域が外れると、音域の最高音、もしくは最低音で代替するんですね。f001さんの音域はG♭3〜G♭5となっていますが、その範囲内でも出ないことがあるっぽいです。

 伴奏は弾き語りっぽくiPhoneのギターアプリiShredで。

 1カ所、Sinsy側で音が遅れるところがあります。ほかに試してみたところでは、音を伸ばしたときに不自然な継ぎ目が聴こえることがあり、このへんもちょっと課題かなと思います。

 あと、これはf001の中の人の特性かもしれませんが、ビブラートがデフォルトでかなりかかっちゃうので昭和の香りがしちゃうんですね。もうちょっと平坦な歌い方をしてくれているほうが、曲に合わせるほうとしては使いやすいかもしれません。

関連記事:
OSを問わず無料で使える歌声合成システム「Sinsy」が公開された
謎の歌声合成技術「Sinsy」の情報を集めてみた

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する