Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

iPhoneが起動しなくなったときの対処法とそうならないための予防法

»

 iPhoneでよく聞く話が、「Appleロゴが出たまま起動できなくなった」というものです。実はわたくし、この症状が出て一度、iPhoneを交換する羽目になっています。

 症状としては、起動してホーム画面に行くことができなくなり、iTunesでリカバリーしようとしても、iTunes自体が落ちてしまうのです。USBケーブルを外すとiTunesは復帰するので、iPhone自体の問題だと特定できます。

 いったんこうなってしまったときの対応策としては、リストアしかないわけですが、リストアすらできないわけで、このままだとソフトバンクショップで交換してもらうしかない。でも、次のやり方で対処できることがあります(実体験)。

 JailBreakツールのPwnageToolを使うのです。実際にJailBreakしてしまうとさすがにマズイので、寸止めのところで回避します。

 PsnageToolは、JailBreak用のディスクイメージをマシン上に作成したあとで、iPhoneをリカバリーモードに設定します。そのときに、iPhoneが元の状態に戻る、もしくはリカバリーモードに入ることができるのどちらかになればしめたもの。

 JailBreakのディスクイメージは使わずに、オリジナルのバックアップ(optionキーを押しながらでなければ、オリジナルのバックアップが使われる)でリカバリーすれば、元の状態に戻る可能性があります。

 わたし自身はこの方法で2度ほどリカバリーを果たしています(2Gと3G)が、そうでない場合があるかもしれません。実行する場合には十分に注意してください。

 Appleのサポートフォーラムには次の方法が掲載されているので、これも試す価値があるかも(Nobiさんからの情報)。

15-MIN SOLUTION: CONNECT TO ITUNES AND REBOOT 3 TIMES TO AVOID RESTORE

 この投稿者は、不具合は以下の原因によるものだと推定しています。

Apparently what causes this endless loop is that the SpringBoard crashes upon launch (over and over again) and launches CrashReporter on the phone itself. It goes into an endless loop until somehow iTunes while connected via USB triggers some sort of fix on the SpringBoard or its preferences/database.

 また、最終的に交換しなければならない状態に至ったとき、ソフトバンクショップに状況を伝えるときには、リカバリーモードを試してできなかったこと、複数のマシンで試してそうなったのかを伝えれば、スムーズにことが運ぶかと思います。この問題は複数台で起きているようなので。

 次に、そもそもなぜそのような起動不能状態に陥ったかというと、iPhoneアプリケーションのアップデートが原因の1つのようなのです。

 iPhoneのApp Storeアプリケーションは、母艦を経由せずにアプリケーションのインストールやアップデートを実行できる、とても便利なものですが、現時点では非常に不安定で危険と言わざるを得ません。とくに問題なのが、複数のアップデートを行うとき。

 アップデートには非常に時間がかかることになり、そのあいだに別のアプリケーションを起動しがちです。たとえばメールが来れば、それを開くでしょうし。そうすると、メモリ不足に陥り、そのままiPhoneがハングアップすることがあります。

 そうならないように、iPhoneでのアップデートは極力回避。代わりに、iTunes側でアップデートを行うようにしましょう。iTunesの左カラムの「アプリケーション」をクリックすると、iPhoneにインストールしてあるアプリケーションアイコンが並んでいます。アップデートがあれば、その右下に、「XX個のアップデートが...」という表示があるはず。これをクリックすると、アプリケーションのアップデートをまとめてできるのです。米国のアカウントと日本のアカウントは別々にアップデートする必要があるので、両方を使っている人は注意してください。

 と、ここまで書いてきて、合計26個のアプリをiTunesでアップデートし、同期したところ、iPhoneが起動しません(泣)

 そこで、冒頭に挙げた、PwnageToolを使った工場出荷設定への復帰とリカバリーを実施しているところ。これもPwnageToolで修復しました。

 うーん、アプリ入れ過ぎかなあ。

追記:Nobiさんのブログエントリーに、別の対処方法が掲載されていました。次回はこれも試してみるです。
iPhone壊れてTwitterの難しさを知る

Comment(8)

コメント

久しぶりにコメントさせて頂きます。hisakiです。
僕もiPhoneの使い始めは同様な症状に悩まされましたが、現在は、同時にインストール(アップデートも)するのは1つのみというポリシーによって問題を回避しています。
なので自動同期も外しています。
Mac OS Xもいくらマルチタスクだからと言って普通2つ以上同時にアプリインストールしませんよね。
iPhone OSもそんなもんだと納得しています。
楽曲やビデオをコピーするのとは明らかに違うんですから。

Ifreeta

PSP でシステムをバージョンアップする時は、フル充電してAC電源を使用してから全てのことをしないようにしてやってますね。

パソコンでも危ないのに iPhone でやったら失敗するはずですね。

まず、フライトモードオンは当たり前です。

koya

hisakiさん、おひさしぶりです。たしかにインストールも一度には行わない、というのはそうかも。これからはそうしてみます。
Ifreetaさん、フライトモードオン必須。なるほど。できるだけリスク回避するわけですね。

いったい、どれくらいアプリが入っているんでしょか?(^^;

koya

いま数えてみたら、134個ありました(笑)

凄すぎ!!!<134個

foobar

Jailbreakのツールなんか使わなくても、ホームボタンを押したままドックに挿してしばらくたつとリカバリーモードになりますよ。

私も結局はSBショップへ行って交換してもらいましたが。

Error23

Error23は、壊れたbasebandエラーらしいです。
itunesが IMEI を basebandエラーにより読めないらしい。
壊れたbasebandエラーは、水没した場合や落とした場合などに起こることが多いらしいです。

itunes に接続し、30分ほっておく、またはHome + Powerを押し、3回ほどリブートして、運よければitunesが見つけ出してくれる。

 JailBreakツールのPwnageToolを使う もしくは、quickpwn等で純正firmwareを入れる。

iPhone Basebandを古いものに下げる
これでもだめなら、有償交換してもらうことを考え出すほうが良いかもしれません。

コメントを投稿する