Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

初音ミクが問いかける、楽器と歌手の境界線

»

 前から書こうと思っていた疑問を、法律のくすりやさんが書いてくれていました。

 初音ミクの歌は、法律上「歌っている」と認められるものなのか、という問いかけです。

 初音ミクの「声」はあくまでシンセサイザー(楽器)なので、

初音ミクがどれだけ「歌おう」が、本来、それは合成音(演奏)の一種に過ぎない

はずなのですが、

でも、聴くと解る。 あれは「歌」だ。

ということで、見方によっては人間の歌とも解釈できる、という疑問。

 たとえばJASRAC管理の楽曲で、歌詞を変えて公開した場合には、著作者の許諾が別途必要になるようです。

 MySoundの楽曲登録のヘルプページには、訳詞した場合の例が書かれています。

「もともと英語の歌に対して、自分で訳した歌詞をつける」等、【元の歌詞と違う言語でご自身で歌詞をつける場合】は、元の作詞者の方から許諾を得ていただく必要があります。

 でも、初音ミクが「楽器」であれば、結果的にどんな言葉に聞こえようが、インスト扱いで済ませられないかなあ、とも思います。

「替え歌」の場合には、著作者人格権が関わってくるようです。

 さらに、合成音を「歌手」とみなすとすれば、どの程度の「歌声度」をもってすれば「歌唱」なのか、「楽器」なのか。

 PC-6601は?

 PLG100-SGは?

 VOCALOID 1は?

 Delay Lamaは?

 CANTORは?

 まさに、

初音ミク 著作権を根底から脅かす恐ろしい娘

ですね。

 ちなみにわたしは、MySoundに、「TOTOのインスト曲Child's Anthemに、自分で歌詞をつけて初音ミクに歌わせた」ものを公開申請したのですが、1カ月をすぎてもいまだに「確認中」となっています(同時期に出した、著作権切れの曲は2週間程度で公開できました)。

 きのう作った、「パープルの紫の炎のシンセソロを適当なハミング(タラララララララとかファーファファーとか)で初音ミクに歌わせた」ものも、公開に手間取るのかなあ。

 ジャズインストの初音ミクVo.版を制作中(勝手に予想)の栗原さんなら答えをお持ちかもしれませんが、著作権処理の現場では、まさに悩んでいるところでしょうね。

 「初音ミク」と著作権法によれば、ゲームラボにこの問題についてのエッセーが掲載されるということなので、楽しみにしています。

関連記事:
初音ミク 著作権を根底から脅かす恐ろしい娘
「初音ミク」と著作権法
初音ミクは鉄腕アトム2.0か
「初音ミクの憤慨」でTBSが謝罪していなかった件

Comment(4)

コメント

n-yoshi

昔から、歌い手にとっては「声は楽器である」という認識もありますし、逆に、演奏家にとっては「音色は歌である」という認識もありますよね。抒情的なハナシではありますが。
また、鼻歌とかハミングとかはどうするんだとか、それこそ「ラララー」なんて「音階だけ」を声で発するのは、演奏なのか歌唱なのか、とか、色々と。

それと、気をつけてなんとしても阻止しないといけない流れとして、利権団体が「演奏にも人格権があるから MIDI 演奏でも歌唱の分を払え」と言い出しかねないと云う問題も出てきそうですね…

koya

n-yoshiさん、MIDIでの歌唱……。たしかにそういう主張はありえると思います。初音ミクもしくはVOCALOIDがプラットフォームとなった場合、.vsqファイルもしくはMIDIコントロールを吐きだしたファイルを公開した場合にどうなるのか、という問題もありますね。

ご紹介ありがとうございました。

実は、ここで面白い話ですが、
「歌詞の無い楽曲に対し、歌詞をつける」という行為についても考えるともっと複雑になります。
(たとえば平原綾香がJupiterに歌詞をつけたように)

この場合、「歌詞」として文章を付けたり発表すれば「作詞」として認められます。
では「ミクにのみ歌わせたら」どうなるでしょう?

ミクが「演奏」であるなら「歌詞として公表」したことになるのでしょうか?
では「公表した日」はいつになるのでしょう?
ミクが「歌った」日でしょうか? 詞を「文章」で発表した日でしょうか?「実際に」歌った日でしょうか?

このあたりも、実は面白い事を含んでいるのかもしれませんね。

koya

法律のくすりやさん、コメントありがとうございます。なるほど、インスト曲だと作詞になるわけですね。たしかにこの問題はいろいろおもしろいです。JASRACに申請すれば愉快なことになるんでしょうが、メジャーレーベルでもなければ、販売枚数の下限をクリアできるわけでもないので、実験は難しそうですね。

コメントを投稿する