Mac、iPhone、iPod、VOCALOID、DTM、楽器、各種ガジェット、自転車、メディアなどの情報・雑感などなど

「ジャングル大帝はライオンキングのパクリ」説

»

 iTunes Store USの長編映画コーナーで、手塚治虫の不朽の名作「ジャングル大帝」の英語版として“Jungle Emperor Leo: The Movie”が公開されました。14.99ドル(iTunes Store USへのリンク)。

 これで1カ月前にスタートした手塚プロダクションのiTunes Store進出は、テレビアニメ、短編、長編がそろい踏みしたことになります。めでたい。

「鉄腕アトム」ほか手塚アニメ、米iTunes Storeで販売開始

 しかし、めでたくないことも。

 そのカスタマーレビューをみてみると、

・ゲイの話みたい(問題外)★
・ライオンキングみたいだ★★★★
・非常にスウィートな映画で、楽しめるアニメーションだ。冒頭の部分はライオンキングみたいだけど、残りはとてもユニーク。冒険にあふれ、心にしみる映画。視聴をおすすめする★★★★
・ライオンキングという名前のやつは、前にみたことがある★★★★
・ライオンキングをパクったみたいだね★★

まともなレビューは、

・これは手塚治虫の“kimba the white lion”という話の最終話で、1950年代に作られたもの。実際にはディズニーがこのストーリーを(ライオンキングで)パクった。ほかのレビュワーの話を信じちゃだめ★★★★★

の1本だけ……。

 というわけで、カスタマーレビューの平均は★★★となっています。

 とりあえず最初の「ゲイの話」ってレビューにはreport a concernしておきましたが、「ライオンキングのパクリ」という誤った評価が定着してしまうと困ったことになってしまいますね。

 もちろん、MOVIE NOTESのところに、「ライオンキングはこの原作を元にしたものです」と書くわけにはいかないでしょうから、ここはレビュワーががんばるしかないですね。

 誤ったレビューに関しては、「Was thie review helpful?」という質問にNoと答えるか、Report A Concernで意見を書くという方法があります。

関連記事:
NBC脱退のiTunes Storeを救うのは?
「鉄腕アトム」ほか手塚アニメ、米iTunes Storeで販売開始

Comment(2)

コメント

4e

やっぱりそういう評価になったか、と想定の範囲内。一般的な感覚ではそうなるでしょうね。日本でも今や野球チームのマスコット程度としか認識されていないでしょうし。
でも、ディズニーが大好きだった手塚先生の作品が、本家にも影響を与えるほどになったという意味ならば感慨深いものがあります。(そしてパクリと見られてしまうような状態を生んでしまったディズニーに残念な思い)
#「アトランティス」というもう一つの地雷も……

koya

まあ、あの件があったからこそ、手塚版バンビを世に送り出すことができた、という面もあるのですが。
アトランティスは米国側が成功しているとはいえないので、地雷としてはちょっと弱いですけどね。

コメントを投稿する