Mac、iPhone、iPod、VOCALOID、DTM、楽器、各種ガジェット、自転車、メディアなどの情報・雑感などなど

「学校でiPod盗難」の対策

»

 息子(高校生)が教室に置いてあったカバンの中からiPod(第5世代60Gバイト)を盗まれました。同じクラスで5件連続だそうで、荒れた学校でもないのに不思議に思っていたのですが、今は大学生の息子も学校でiPod盗難があったそうです。今ではわりと一般的なのかもしれません。

 学校へのiPod持ち込み自体を禁止しているところもあるようですが、ポッドキャストやオーディオブックなど勉学に役立つものもありますし、学校で自分の好きな曲を友だちに聴かせたりとか、コミュニケーションツールにもなっているようです。

 Zuneケースに入れるというか、ケーブルロックとか方法はあるんですが、それとは別に、iPodのカジュアル盗難を防ぐにはどうしたらいいか考えてみました。

 これはやはり、名前を入れておくしかないかと。自分の名前をiTunes Storeで入れておくか、油性マジックあたりで大きく書いておくことにしました。そして、iPodはこれまでのビデオiPodからiPod shuffleに変更。保管場所も財布の中に入れることにしました。

 しかし、さすがに携帯だと盗んでもメリットないだろうし、足がつきやすいだろうからそういうことはないでしょう。盗難事件は発生していないようです。

 ということは、iPhoneになれば盗まれずにすむ、ということなんでしょうか?

 息子はそれに期待してますが、それまではshuffleで我慢させようと思ってます。

Comment(3)

コメント

jed

>Zuneケースに入れるというか
すばらしい盗難対策だと思います!!

今の携帯は、FOMAカードなどのカードを入れ替えれば、簡単に「自分用」になってしまいます。iPhoneは、一説によるとこういったカードはおろか、電池も自分では交換できないらしいので、確かに大丈夫そうですね。

koya

jedさん、コメントありがとうございます。たしかにカード入れ替えやられたらアウト。キャリア側で検知とかできないですかね?
iPhoneはSIMスロットありという情報もあるので、油断はできませんね。

AT

iPod にはシリアルナンバーが刻印されてますので、盗難の時は約にたちますよ。近くの中古引取り店にはその旨伝えておくと抑止になります。また、学校でそのことが広まれば少しは抑止になるでしょう。

アップルは、バッテリー交換の時でさえシリアルナンバーと買った時の証明書が要求されますので、注意が必要です。

コメントを投稿する